東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸川区自然動物園のレッサーパンダ、お馴染みブナ君です。

おおー、久々にイケメンなブナ君を撮影できました。
江戸川の赤い狩人1

ちなみに私の後ろをキーパーさんが通過中です。そんな事でもない限り、ブナ君のこんな視線はゲットできませんって。

さて、今日のエントリーのタイトルは何かというと、動物園に行く前に映画『キタキツネ物語』2013年リニューアル版を見たのです。『赤い狩人』というのは1978年版の主題歌(超名曲)のタイトルです。
そのオープニングで、雄狐が流氷を渡ってやって来る場面があるのですが、ブナ君がシュートから真っ直ぐ歩いてくる姿が映画のシーンとダブったからなのでした。なにせレッサーパンダも赤いし、映画を見た直後だったからね。
江戸川の赤い狩人3

『キタキツネ物語』は35年前は大ヒットしたのに、リニューアル版は全く話題にも上りませんでしたね。どうして?

なお2013年版は、今その場面を上映するとR指定が入ってしまう酷いシーンを再編集でカットしたマイルド版なので、子ギツネが途中で二頭ほど消息不明になります。
名曲揃いだった音楽は総入れ替え、そしてキタキツネ達が喋る喋る。もうちょっと観客の想像に委ねてくれてもよかったんじゃないの?

と文句をたれつつ、初っ端からエンディングまで号泣しながら鑑賞していた私です。あと、主題歌の山崎まさよし『道』は名曲だと思います。
今年生まれの双子レッサーパンダのお名前募集最終日に、千葉市動物公園に行ってきました。

台の下から顔を出して、なぜかカメラ目線で這い上がって台の上でポーズを決めるまで。
いやぁ、もう、マジで天使だね。
俺の天使1

俺の天使2

俺の天使3

俺の天使4

人混みで放飼場の端にしか陣取れなかったのに、そこにいた2~3人にだけ降って湧いたようなラッキーを運んでくれた妹ちゃんでした。

お姉ちゃんの方も忘れていないからね。
もう一頭の天使

私が応募した名前は「花豆ちゃん・空豆ちゃん」。お豆シスターズよ、再び!
到津の森公園のご長寿レッサーパンダ、楠(くす・左)と同同(とんとん・右)です。
二つの屋内展示室のうち一部屋で、二頭のお爺ちゃんパンダの同居展示を行っています。
森の爺ちゃん達1

楠(くす)爺ちゃんは1991年生まれの22歳。
白内障で両目は白くなってしまいましたが、毛並はフカフカで体重も6kg台半ばぐらいあるそうで、若い頃は立派な体格の個体だったことが窺い知れます。
目は見えなくなっても鼻は効くので、食事のバットのある場所も判るし、時々歩き回って体を動かしています。
森の爺ちゃん達2

同同(とんとん)は1994年生まれの19歳。
楠に比べ毛色が濃く、見ての通りの凛々しい顔立ちのイケメン爺ちゃんパンダです。
毛並もいいですね!竹の葉を食べているところも見られたので、歯もまだまだ大丈夫のようです。体重は5Kg台半ばぐらいだったかな?
森の爺ちゃん達4
バットの中のペレットはすりおろしリンゴと混ぜて柔らかくしてあるそうです。

放飼場の壁に掲示されていた情報POP。お誕生会が開催されたのでしょうか。豪華なリンゴのメッセージ。同同はこの後まるリンゴをどうしたのか気になります。
森の爺ちゃん達5

ちなみに6月生まれ組はこちら。中央の22さいがインパクトありますね。
森の爺ちゃん達6

お爺ちゃん二頭の同居展示は、それぞれが気の向いた時に歩き回り、それぞれお気に入りの場所で昼寝しマイペースで過ごしていました。
そして時々まったりとレスリング。動きはゆっくりでも、けっこう激しく組み合っていました。仕掛けるのは同同ですが、楠もやられっ放しではなく、前足で同同のパンチをガードしたり時には反撃も。二頭にとってこのレスリングが良い運動になっているんだろうなぁ。
森の爺ちゃん達3

楠の顎のところに1cmぐらいのカサブタがあったのでレスリングでやり合って怪我をしたのかとキーパーさんに尋ねたら、パピローマという高齢要因のおできであるとのことでした。時々薬を塗ったりしているそうですが、楠自身はあまり気にしていないようなので、痛みはないのかな。

飼育技術が向上して高齢の個体が増えると、これまで見られなかったような症状も出てくるのですね。しかし高齢になった動物達をきちんとケアする姿勢を来園者に対して見せることも、これからの動物園の役目の一つになってくるかも知れません。
福岡県北九州市の到津の森公園の動物園にやって来ました。

今日は開園前に到着したのでエントランスを撮影するような余裕もありました。
いとうづ02

路線バスを降りて徒歩1分、入場ゲートで開園を待っていたのは私だけだったのに、速足でレッサーパンダ放飼場に向かったら私より先に到着している来園者が複数。どうやら反対側にあった北口ゲートというのがレッサーパンダ放飼場へ行くには近かったようですね。

レッサーパンダ達は四頭全員屋内展示室にいました。
最初に私の目に飛び込んだのは、リンリンと野風の若いペアがチューしているところでした。
いとうづ03

え?上の写真はチューしていないって?気にしない気にしない。カメラを構える前にはチューしていたんです。

多摩のブーブーの孫とか鼻セレブ赤パンダ(娘々)の息子とか、色々と肩書はあるけれど、リンリン君。
いとうづ05

そして可憐な野風ちゃん。
いとうづ04

PCのバッテリ残量が足りず、撮影した写真が最初の100枚程度しか取り込めていません。その中でましな写真をアップしています。そして明日の法事に向けてもう寝るので、今夜はここまで。

最後にとびきりのリンリン君。
年を追うごとに父親のノノに似てくるけれど、可愛らしい表情の時は母親の娘々の面影も見えますね。あさひやまコラボ商品の鼻セレブティッシュの箱の写真と似ている。
いとうづ06

最高気温37度の京都です。
京都駅でまごついてしまい、動物園のエントランスを入ったのが開園5分後。更に改修工事中の園内でまごついて、レッサーパンダの放飼場にたどり着いた時には開園から15分も経過してしまいました。

レッサーパンダ達の寝部屋とはキャットウォーク(チューブ)で繋がった放飼場。放飼場の中央(下の写真では左寄り)には古都(コト)ちゃんがよく上っているという大木があります。
写真の右端のキャットウォークを渡っているのは、中国からやって来たジャスミン(茉莉花)です。
酷暑の京都5

開園15分後のレッサーパンダ放飼場周辺ではキーパーさんが暑さ対策の水撒きをやっていました。それを見つめるジャスミン。本日午前中の営業当番です。
酷暑の京都2

そして屋内展示室には茶々じっちゃん。水撒きが終わったキーパーさんから朝食のバナナとリンゴを貰っていました。
酷暑の京都1
[やはり京都は暑かった]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。