東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケータイからエントリー。

レッサーパンダ界のスーパースターの風太さんも、こんな状態です。

今日は学校が休みだったので、本日から公開が始まったミナミコアリクイの赤ちゃんを見るために千葉市動物公園に行きました。

天井のフェンスにぶら下がって移動する母アリクイに振り落とされないよう、子アリクイは頑張っていましたよ。
姿はすっかりミニチュアのミナミコアリクイでした。

しかし何ですな。
夜行性動物の薄暗い展示に目が慣れると、見るつもりのなかったものまで見えてしまいます。GとかGとか、大小様々なGとか…。
ここはどこの山奥?
新放飼場のクウタ1

いえいえ、千葉市動物公園のクウタですよ。新しい放飼場のモミの木に登ったところです。

ええと、この木はいちおう木登り禁止なのかしら? それとも単なる保護のため?
木の根元から1メートル弱くらい?はレッサーパンダ達の爪がかからないようにしてあるのですが、クウタは一番下の枝に向かって飛び付き、写真のように上がってしまいます。
新放飼場のクウタ3

風太とチィチィの子供たちは運動神経の高い個体が多くて、こちらの予想以上の行動を見せてくれますね。みんな双子だから、追いかけっこやレスリングで身体能力を高められたのか、はたまた放飼場のデザインが子供達の運動能力を引き出してくれたのか。
理由は全部ですよね。その代わりに放飼場の植物達は犠牲になりまくってますもん。植栽を調達するキーパーさんの苦労も多いことでしょう。

木の高い所から頭を真下にして下りてくるクウタを見て、来園者の方々が「凄ーい」と言っていました。写真は既に下の方に下りてしまっていますが。高い木だと下りてくる姿もインパクトがありますね。
新放飼場のクウタ2

顔見せ写真もどうぞ。右がクウタ、左はメイメイ。耳の縁取りの白い毛がまだ若干薄いところが、換毛期の名残を留めています。
新放飼場のクウタ4
千葉市動物公園で7月3日に生まれたレッサーパンダの赤ちゃんの名前が決まりました。

左が第7仔の“コウタ”、右が第8仔“エイタ”です。
千葉の双子2010-1
この二頭は目の形が若干異なるので、顔を見ると何となく区別がつきますね。

コウタ君。動物園サイトの説明によると「少し甘えん坊」とのこと。
千葉の双子2010-2
でも、私が行った日がたまたまなのか、コウタ君はニンゲンをじっと見つめていることが何度かありました。ムムッ、この子は見込みがあるな。

エイタ君。動物園サイトによると「やんちゃ」なんだそうです。
千葉の双子2010-3
この子もお兄ちゃん達のような面白パンダになるのだろうか。

子供たちを見つめるチィチィ母さん。優しい表情です。
千葉の双子2010-4

チィチィさんは性格が安定していて超子育て上手なイメージがあるのですが、この日は奥の非展示エリアに続くシュート(出入り口)の前を何度もウロウロしていて、ちょっと落ち着かないように見えました。
赤ちゃん達の公開が始まったばかりで、まだちょっと慣れないのでしょうね。

私ももちろん名前を応募しましたが、投票結果の各TOP3にかすりもしませんでした。
ちなみにセンタとヨウタ、漢字で書くと千太と葉太で合わせて「千葉」のつもりだったのだけれど、多摩のお豆姉妹に続いて千葉でも外しちゃったわ。
7月の三連休の千葉動物公園レッサーパンダ放飼場。
暑さで朦朧としながら撮影したパンダ達は、殆どまともに撮れていませんでした。
最初に断っておきますが、このエントリーに人様にお見せできるレベルの写真はございませぬ。

それでは、ある暑い日の…

風太!
暑い日の風太
[ある猛暑日の千葉パンダ]の続きを読む
2010年、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

2010年賀正
多摩動物公園のアムールトラ、シズカちゃん

[2010年賀正]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。