東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市川市動植物園、レッサーパンダのアクア君。

笑顔。
不機嫌王子の笑顔4

かなり笑顔。
不機嫌王子の笑顔3

超笑顔~。
不機嫌王子の超笑顔
[不機嫌王子の笑顔]の続きを読む
本来なら旭川に行く前に会っておきたかった市川市動植物園のレッサーパンダ、ナミちゃん。なぜ旭山動物園に行く前にナミに会っておきたかったかというと、ナミと双子の兄弟であるノノがあちらにいるからです。

ようやくナミちゃんに会えたのは6月上旬。もう換毛が始まっちゃったね。
大人になった双子1

そしてこれがナミと双子のノノ。自分の中では焦げレッサーでブーブーに似た顔ということで、似た双子だと思っていたのですが、こうやって並べるとあんまり似てないーーー。
旭山レッサー閉園前10
                              ↑ノノ ナミ↓
大人になった双子4

ナミちゃんは小柄で華奢で可愛かった母親の寧々から受け継いだ部分もかなりあったようですね。ナミちゃんは目も真ん丸だしね。麿眉の角度も耳の付き方も、こうやって並べて見ると違うものだなぁ。

[大人になった双子]の続きを読む
レッサーパンダのウィンク
ナミのウィンク

市川市動植物園のナミちゃんでした。
昨日Web上でこのような記事が出ていました。

和歌山公園動物園:クマ 渦巻き爪でも「飼育に支障なし」
(毎日.jp 2011年1月24日)

<概要>ツキノワグマ「ベニー」(雌・16歳以上)の手足の爪が伸び、渦巻きや輪になっている。園を運営する市和歌山城管理事務所は「飼育に支障はない」として伸びるに任せることにしている。ベニーはツキノワグマの中ではかなりの高齢で、動きが鈍ってきた3年前から爪が伸び出した。
日動水によると動物園で爪が伸びすぎた場合は獣医が麻酔銃で眠らせてから切るのが普通だが、同動物園に獣医がおらず、ベニーの体重も把握できていないため麻酔薬の適量が分からないという。

(↓記事画面キャプチャ)
巻き爪問題1

うーん…、「飼育に支障はない」と言われても、当人ならぬ当クマにとっては生活しにくいことこの上ないのではないかしら。しかも獣医がいないって、国内にそんな動物園は他にもあるのですか?
[巻き爪問題]の続きを読む
先週は午後から市川市動植物園へ。天気が良すぎて日差しの強い日でした。

もう大きくなっちゃったかなと思っていたら、相変わらずお子ちゃまぶり全開で和んだアクア君。
ころころアクア1

ブランコ遊びこそ見せてくれなかったけれど、よく動いていました。
ころころアクア2

ナミ母さんと一緒に、葉っぱのつまみ食い。
ころころアクア3
この日は放飼場に竹もなくおやつのリンゴもなかったせいか、レッサーパンダ達はかなりお腹を空かせていたようでした。
特にナミ&アクアはこの日だけで、彼らの展示スペースをかなり見通し良く(つまり葉っぱがかなり少なくなったということ)してくれました。

お母さんはあまり遊んでくれないけれど、小枝を拾ってひとり遊びするアクア君。
ころころアクア4
アクア君の毛色はナミ母さんの濃い目の毛色とは異なった、ミルクティのような色ですね。
ちょっとオレンジ色っぽい明るい色です。
誰から貰った色なのかな? 天天父さんかな。

ここの檻が憎い。
ころころアクア5
障害物なしでアクア君が見たいです。

アクア君をイチ丸と一緒に遊び盛りペアで放飼場で展示してくれないかな。ダメかな。ムリだろうな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。