東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ズーラシアでこの日展示されていた仲良しレッサーパンダは、カップルなのか兄弟なのかは分りませんでした。
パンダ達を展示場に放しに来た飼育係さんに尋ねればよかったのですが、パンダ達を見るのに夢中で近くに飼育係さんがいらっしゃったのかどうかも気付かなかったのです。トホホ…

仲良しさん可愛くて立派な尻尾
ポリン似?のカワイコちゃんはフサフサの美しい尻尾の持ち主です。

仲良しさん元気で木登り
雄と思しきこちらのパンダは元気者で、木から木へと移動したり枝を齧っていたのはこちらの方。鼻の右横にホクロみたいな黒い斑点があるのは、そういう模様?それとも汚れ?

仲良しさんの昼寝
小屋の中で昼寝を始めた元気者クンと、元気クンの顔が見える場所に来てペタッと身体を伏せて眠り始めた可愛コちゃん。
微笑ましい仲良しさんです。

デール本出版記念特別講演会
特別講演会の舞台全景。
後ろのパネルと左側のディスプレイを使っての講演でした。
説明に使われたビデオはフジテレビ「とくダネ!」で放送された、二足歩行のデールちゃんの取材VTRです。
手前に見える三体のぬいぐるみと同じ物が、デールちゃんの「ママパンダ」(詳細は本で読もう)となったんですね。

ズーラシアのぬり絵
「ズーラシアぬり絵」と特別講演会場にて本を購入した人への特典「カンバッヂ」(上)。
カンバッヂは選ぶのに5分は欲しいほどジャラジャラと箱の中に入っていて、一人一個ずつ選ばせて頂きました。
「ズーラシアぬり絵」は絵が可愛くて気に入って購入してしまいました。
内容はストーリー仕立てになっていて、登場キャラの世話好きなレッサーパンダ君がイイ味を出していました。
[ズーラシアとデール本の特別講演会]の続きを読む
横浜からズーラシアへと向かう相鉄線の中、「次はみっきょう~」というアナウンスを聞き「密教とは凄いセンスの駅名であることよ」と思ったら、正解は「三ツ境(みつきょう)」。ズーラシアへ行くにはココで下車するんじゃ。

あんまり根性のない管理人としては、レッサーパンダを観察する動物園としては「ズーラシアはちょっとねぇ」という場所でした。
葉っぱや木の陰に隠れて、パンダ達の姿があまりよく見えないんです。
逆光になるから写真も撮り難いしね。
下の写真がレッサーパンダ展示場(の一部分)です。

ズーラシア全景

でもパンダ達にとっては環境がいいのかも知れません。
木登りできそうな木が何種類もいい感じで配置されていますね。
パンダのうち一頭は中央の二本の木の高い位置で、枝を伝って木から木へと移動していました。
複数の木の間を樹上で移動する姿が見られるのはここ、ズーラシアと野毛山しか見た事がありません。
(上の写真では、レッサーパンダ達が食事する小屋を明るく調整しています)

仲良しさんの食事

今後も8時半に開園することがあれば、積極的に朝一番から出かけることをお勧め致します。
早起きのご褒美として、仲良くモリモリと食事をするこんなツーショットを見る事ができるのですから。

仲良しさんカワイイ方
ツーショットの左の方のパンダ。性別は分りません。
こちらの方がポリン(@埼玉県こども動物自然公園)に似ているように思いました。

仲良しさん元気な方
こちらは右側のパンダ。ウマーな顔です。雄だと思います。
換毛で尻尾が細くなっていました。

ガリガリ君
すぐ上のウマーな表情のパンダ君。何度か枝にガリガリと歯を立てている姿を見ました。
何か歯ごたえのある物が欲しいのでしょうか。
江戸川の次男坊君が自分の歯で葉っぱを食べられるようになった時、しきりに枝を齧って歯(と顎も?)を鍛えていたのを思い出しました。
夕方に日比谷でミュージカル鑑賞の予定だっつーのに、開演に間に合わないかも知れないというリスクを冒して、はるばる行ってしまいましたよズーラシア。

仲良しの二頭
名前の分らない仲良しさん二頭。右がメスのようで、顔がポリン(@埼玉県こども動物自然公園、ズーラシア出身)に似ているような気がしました。

とにかく今日は眠いので、最低限の事を書いたら寝ます。
ズーラシアは明日まで開園が朝の8時半で、8時45分からレッサーパンダの朝食タイムが見られます。
レッサーパンダ達は9時半ごろにはタレてしまうようなので、明日行かれる方は是非、朝食タイムに間に合うように到着されることをオススメいたします。

……つったって、明日は一日中雨の予報じゃん。

「飼育係さんの特別講演」にかんしては、がちょ~んさんがコメントを入れて下さいました。→コチラ

デールちゃんの本の感想。
「チップ君、エライ! 見直したゾ!」
いや、もちろん田村さん始めデールちゃんの成長に関わったお一人お一人が素晴らしいんだけどね。

あ、そうだ。
デールちゃん担当飼育係さんの特別講演では、レッサーパンダの毛皮(本物なんだって……誰の毛皮だ?)を触らせて貰えました。
ああ、夢にまで見た(ことはない)レッサーパンダの毛皮の感触は、もっとゴワゴワしていると思っていたので予想より滑らかだった。

んじゃ、寝る。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。