東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野動物園に行ってから二週間も経ってしまい今更ではありますが、来たるべき新放飼場での展示に備えて、上野のレッサーパンダ達の顔を少しでも覚えていこうではあーりませんか。
という名目で残りの写真もアップします。

とはいえ、この個体だけは誰も見間違えないであろうアンアンさん。
かりぐらしのアンアン1

上野Zooの若者レッサーパンダの中で、唯一の焦げパンダなので一目で判りますね。
かりぐらしのアンアン2
アンアンのお爺さんは、多摩のスーパーレッサーパンダ・ブーブー。なるほど納得の焦げ具合と丸顔です。

チャオ君の写真は前回のエントリーでたっぷり放出したので、今日はありません。ごめんあそばせ。
[かりぐらしレッサーズ]の続きを読む
1月下旬に上野動物園のレッサーパンダ達に会いに行ったとき、チャオ君が活発に動いてくれて、4頭の中でダントツにバリエーションの豊富な写真を撮らせてくれました。
屋内で発色が「ン?」な写真もありますが、まとめてアップしちゃいます。

チャオ君といえば検査のために刈られた背中の毛ですが、そのことは掲示物でも説明されていました。
チャオ君が体をかゆがる様子が見られるので検査のため、とのことです。
当のチャオ君、「ハゲましたが、元気です」のフキダシの下で健在振りをアピールかな?
かりぐらしのチャオ1

なまじ毛並みがモコモコのレッサーパンダだから、検査跡が目立っちゃいますねー。
かりぐらしのチャオ2
それがチャオ君の魅力を損ねるようなことは全くありませんよ。

[上野でチャオ!]の続きを読む
ジャイアントパンダの前座のような従来の展示場所から、晴れて独立して居を構えることとなった上野動物園のレッサーパンダ達。しかし現在の上野レッサーズは新しい放飼場が整うまで、オカピさん達の隣で借り暮らしをしております。
レッサーパンダは『ヒマラヤの珍獣』ですが、オカピ様は世界三大珍獣の一つ。奇しくも珍獣つながりの展示となっております。

レッサーパンダの展示が東園から西園に移動して正門からすっかり遠くなったので、初めて池之端門の方を使ってみました。
以前上野の森にある非公開の茶室で茶会を手伝う機会があり、その時に使って以来の千代田線根津駅でしたが、こんなに上野動物園と近かったとは驚きでした。

根津駅から池之端門まで徒歩5分、そして池之端門から借り暮らしのレッサーパンダ展示室までの距離は下の写真のとおり。
仮り暮らしレッサーズ1

今だけ駅から5分でレッサーパンダに会うことができます。
でも日の射さない借り暮らしの展示室は、撮影の難易度が高過ぎです。

治療のために剃られた毛の部分もかなりリカバーされてきたチャオ君。私が行ったこの日は一番よく活動していました。
仮り暮らしレッサーズ2

焦げ色の毛並みは、毛色の明るいチャオ君とは対照的。相変わらず愛らしい顔立ちのアイアイアンアン(杏杏)さん。
仮り暮らしレッサーズ3

この日は寝てばかりだった黄太郎。かと思えば木のてっぺんに陣取って遠くを眺めたりしていました。早く外に出たいよねぇ。
仮り暮らしレッサーズ4

顔はソックリだけれど、活動量は黄太郎とは対照的だったテンテン。この日の黄太郎とテンテンの見分けポイントは耳毛の勢いでした。
仮り暮らしレッサーズ5

開園直後から10時15分頃までは竹を食べたり動き回ったりしていたレッサーパンダ達ですが、10時半には全員お昼寝に突入。
その後13時過ぎに戻ってくると、全員よく動いていました。皆が活動的になったのは告知なしのおやつタイムでもあるからかと期待していましたが、この日は展示時間内は竹の交換もありませんでした。
閉園前も比較的よく動いていましたが、その頃には撮影難易度の高い展示室にこちらが疲れてしまいました。四方のうち一方からしか観察できないのでは、撮影できる構図も限られてきますしね。
[駅から5分でレッサーパンダ♪]の続きを読む
開園直後と15:30頃がシャッターチャンス!の、上野動物園レッサーパンダ。

上野レッサーズ看板
この看板のレッサーパンダをじーっと見ていると、瞳の周囲の白い毛の模様が白目に見えて来て、マンガみたいな面白い顔のレッサーパンダに見えてくる……。
[上野レッサーズ]の続きを読む
上野動物園のイベント「真夏の夜の動物園」では、17時からレッサーパンダ達の夕ご飯。
食事が出て来るのを待ち構える若いレッサーパンダのペアは、アンアンちゃん(左)とチャオ君(右)です。

真夏の夜の動物園4

この様子を、扉の反対側から見てみたいものですね。
レッサーパンダ達はどんな表情で覗き込んでいるのでしょう。

この後、チャオくんがアンアンちゃんを追い越して、更に扉の上へと上っていきました。
のんびりしているようで、やる時はやる男なのだ。
[真夏の夜の動物園@上野]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。