東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶臼山動物園のレッサーパンダ、セイナ母さんと三つ子パンダ。

セイナ母ちゃんがジジ君をガシガシと踏んでいる頃、
オモチャは自分で1

三つ子の残りの一頭はフェンスを上っていました。
オモチャは自分で2
[オモチャは自分で]の続きを読む
朝、7時半頃に東京駅を新幹線で出発し、篠ノ井駅からは徒歩で茶臼山動物園に向かって、到着したのは10時ちょっと過ぎ。前日の雨が空気中の埃や汚れを洗い流してくれたのか、この日は空気が澄み空の色がとても綺麗でした。

朝の空気1

私が動物園に着いて、しばらくしたら屋外放飼場に一頭ずつレッサーパンダ達が登場しました。
上の写真は、朝ごはんのリンゴを口にくわえて木に上った風鈴ちゃん。

朝の空気2
リンゴを食べ終わった風鈴。空の青と樹木の緑、風鈴の背中の赤茶色が澄んだ空気の中で綺麗でした。
[朝の空気]の続きを読む
茶臼山動物園のレッサーパンダ、セイナ母さんと三つ子のうちの一頭(女の子)。

そこのけそこのけ1
(レッサー)パンダの子~

そこのけそこのけ2
そこ退け、そこ退け

そこのけそこのけ3
セイナお母様のお通りだよッ!
[そこのけそこのけ]の続きを読む
茶臼山動物園レッサーパンダ詣でから早一週間。
記憶が風化する前にエントリーを残しておかねば、後悔するのは自分なのよねー。

まずはレッサーパンダ達の顔ぶれをば、生年月日順にご紹介。

茶臼山オールスターズ2
セイナ(星奈) 2000年6月23日生まれ

美しくも12頭のレッサーパンダの母。
12頭というのは茶臼山Zooの家系図で記載された顔ぶれに今年生まれの3頭を足したのだけれど、この数字で正しいんだよね?
これだけの子供を産みながら、この若々しい毛並みはまさに奇跡のパンダと呼ぶにふさわしい。
実物を見て、本当に綺麗なので驚いた。
そして本当に我が子を前足ではらって、ブロックから落としていたのを見て笑った。

茶臼山オールスターズ1
キキ 2000年7月4日生まれ

江戸川Zooのブナ君と同じ年なのに、沢山の子供がいるキキ父ちゃん。
さぞ聖人君子のようなパンダなのかと思いきや、現在隣に住むチャオ君3歳を意識しまくる実にオスらしいパンダであった。徳山Zoo出身。
[茶臼山オールスターズ]の続きを読む
“レッサーパンダの聖地”と勝手に呼ばせていただいている、長野市茶臼山動物園。
2年半前に福井県鯖江市の西山動物園で会ったチャオ君と、ここで再会しました。

チャオ王子ふたたび
(2009年11月中旬撮影)

変わったのはすっかり大人になった体格で、変わらないのは大きな目とニンゲンをよく見る好奇心の強さ。
王子キャラは健在です。

チャオ王子、生後九ヶ月頃の写真。
チャオ王子@鯖江
(2007年3月中旬撮影)

顔はあんまり変わっていませんね。
昔も今もこういうポーズで静止して目線をくれるあたり、アイドル体質全開です。
茶臼山では木の上から来園者を見下ろすチャオ君を見て、お客さん達も「キャー 可愛過ぎる」と喜んでいました。

本日は軽めにここまでで。
最近は残業続きで平日更新が難しいですが、茶臼山レポは徐々に出して行きます。

2年半前のチャオに関するエントリーはこちら。→「チャオ君づくし
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。