東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事で唯一の真実、それはブナ父さんが暴れていたことです。

江戸川区自然動物園に行くと、最近ほぼ毎回目にするのがブナと次男坊のバトル。

午後二時頃、次男坊が午後の活動を開始しました。
ようやく室内から出て来た次男坊、その背後には…
後ろの正面こわいパパ

まずは後ろから次男坊に飛びかかったブナ、次男坊が足を滑らせたところで素早く下へ回り前足を使って引きずり下ろそうとしています。
ひきずり下ろされる
逃げる次男坊を追いかけ、飛びかかって倒れたところにフライイング・アタックをかますブナ。
牙と前足の爪の他、今日は蹴り技まで登場してしまいました。
ドカッ、バキッ☆

次男坊が防御姿勢を固め、これ以上の攻撃は無駄だと思ったのかブナは離れて行きました。
しばらく呆然と座り込む次男坊。
呆然とする次男坊

入り口で座り込んでいた次男坊ですが、いつの間にか室内に戻ってしまい姿が見えなくなっていました。
そして何十分か経過しようやく顔を見せた次男坊ですが、頭を低くした戦闘態勢のまま入り口からブナの姿を目で追っていました。
戦闘態勢の次男坊

と、まあ、これが本日のバトル第一ラウンドでした(もちろん第二ラウンドもありました)。
本日のバトルを見ていると最初の一撃が最もダメージが大きく、その攻撃は尻尾の根元辺りに入る事が多いようです。
その後は次男坊も四肢をばたつかせて対抗するので、ブナの攻撃も決定打には至らないようでした。

昨年の写真をチェックすると、長男ロン君が尻尾に怪我を負ったのも4月。
そして力なく放飼場の隅に座り、丸くなってボーッとする姿を見せるようになったのも4月。
そもそも自分が父親だと自覚のないブナと、成長して一人前になりつつある息子の関係は、この4月5月のまさにこれからが要注意なのです。

楽しくない話題が続くことになりますが、当ブログでは今後もブナと次男坊のバトルの行方を見守っていきたいと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
うーんうーん、すごく心配。
次男坊くん、おどおどしたお顔に見えます。
2006/04/02(日) 20:29 | URL | りお #6neE7fkQ[ 編集]
他の動物園では、雄の親と一緒になることはあるんですかねぇ。
雄2匹の展示はあると聞いたことはあるのですが。
福岡の場合、コロコロとパンパンは
一緒の展示にはできないようですが。
2006/04/02(日) 23:21 | URL | 「か」な人 #c8WvnSuI[ 編集]
それでも「ひきこもり」にならなに次男坊君。v-424たくましいです。世間では発情期も終わり、おとなしく寝ている時間が増えつつある中でブナ君元気ですね。
2006/04/02(日) 23:25 | URL | げろっぱ #yw4sqTbg[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/02(日) 23:26 | | #[ 編集]
おはようございます!
(あ、さっきの挨拶間違えてしまいました。)
次男坊君心配です。ロン君のことがあるから余計に……。
どうか無事一人前になってと祈るばかりですね。
2006/04/03(月) 06:25 | URL | 中山 #OjwIUdUc[ 編集]
りおさん
バトルの後しばらくは放心状態になるようですが、再登場の時はずーっと頭を低くしてブナの動きを確認していました。
まるで野生下で他のオスのテリトリーに入り込んでしまった子パンダを見ているようです。
2006/04/03(月) 21:37 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
「か」な人さん
多頭飼いができるかどうかは、一頭一頭の性格に寄るらしいです。
ブナの父親ロンは安佐動物園で4頭ぐらい一緒に展示されていたのを、昨年のブームの時にテレビで見た記憶があります。
レッサーパンダ一般的にどうだという訳ではなく、個体の性格を見て気が強い個体はそれなりに注意が必要だと聞いた事があります。
2006/04/03(月) 21:45 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
げろっぱさん
ブナの気の強さを次男坊が受け継いでいるとしたら、次男坊が大人になったらやっぱり「テリトリー命」になって自分の子供を追いかけ回しちゃうのかなぁ。
ブナが昨年夏の気温35度の中でも外をパトロールしていたのは、それだけ自分のテリトリーに対して執着心が強いからかも知れませんね。
2006/04/03(月) 21:49 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
「鍵」コメントさん
有益な情報をありがとうございます。
動物園に「意見箱(目安箱?)」を設置して欲しいという要望と共に、提言してみたいと思います。
やはり動物たちの様子を見て展示を変更している動物園もあるのですね。
2006/04/03(月) 21:58 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
中山さん
それでも幸いなのは昨年のロン君の様子はしっかり見ていましたので、バトルの後の憔悴した状態が常に続くようになったら、その時は要注意だということだけは分っています。
もしそのような素振りが見え始めたら、感情的にならず意見を伝えたいと思っています。
2006/04/03(月) 22:03 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
とても心配ですね。v-292

野生にいたら、本能で解決できるような気もしますが限られたテリトリーの中で、生きていく彼らを飼育係の方は、今まで以上に大切にして欲しいと思います。

ロン君のことがあるので係りのかたも注意されてるとは思いますが。

2006/04/03(月) 22:39 | URL | いまちゃん #wb.gbiOU[ 編集]
いまちゃんさん
ブナにあれだけ野性的な感性が残っているのは、ある意味レッサーパンダをペット化せずに飼育している事の成果だと思います。
それはきちんと評価したいです。
去年のことがあり私も過剰に反応してしまうので、動物園側に対しては申し訳なく思うところもあります。
2006/04/03(月) 23:14 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
新装開店おめでとうございます
思いっ切り乗り遅れてしまい、古い方にコメントを書いてしまいましたm(..)m

ブナくんと次男坊くんのバトルはすさまじいですね。
見ている方はハラハラします…
救いはバトル直後は警戒してか出てこなくなる&及び腰な次男坊くんも時間が経つとまた外で遊び始めること。
そして次男坊くんの運動神経が良いことでしょうかね、凄まじいブナくんの猛攻を上手くかわしているようにも見えます。

でも、そろそろ別展示にと思ってしまいますが…
2006/04/05(水) 15:14 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
ぴっぴさん
次男坊、普段の動作はゆっくりでもイザという時には運動神経がいいですよね。
先日もナマケモノの真似をやった直後に、あっという間にクルリンと枝の上に戻ったのでちょっと驚きました。
どうやら我々が見ていない時に色々と自主トレをやっているようですよ。
でも次男坊が成長すればするほど、ブナはテリトリーを守る為に攻撃を増していくような気がするので、やっぱり早いうちに二頭を分けて欲しいです。
2006/04/06(木) 00:37 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/9-75fe3487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。