東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次男坊ばかり追いかけていたせいか、最近すっかりご無沙汰していたブナ父さんです。

鼻先泥付きブナ
久しぶりに顔を見たら、顔の模様が変わった?
いえ、違います。
どこかの穴に顔を突っ込んだらしく、鼻先には泥、そして両目の間には穴の淵の形に黒く泥が付いているのです。
最高の笑顔とお得意のお茶目を披露してくれたブナ君でした。

写真には撮れなかったけれど、別の日には放飼場の岩の上でタレていたブナ君。
遠くから祭り囃子の音楽が近づいて来ました(どこかの車がスピーカでお囃子を鳴らしながら走行していたのです)。
遠くから祭り囃子が聞こえて来たら、まず顔を上げるブナ君。
更にお囃子が近づくにつれ背筋が伸び、前足が伸び、瞳をキラキラと輝かせながら遂に上半身を起こしました。

これは立ち上がって祭り囃子に合わせて踊り出すまで、あと10秒か――というところで営業当番交替のために飼育係さんが登場。
祭り囃子に気をとられ、飼育係さんの気配にすら気付かなかったブナ君は驚いて走り去ったとさ。
ブナ君、祭り囃子のピ~ヒャララという音楽はかなりお気に召したようですよ。
また聞かせてあげたいなぁ。


Uターンブナ
室内への扉が下りてしまっていたので、扉の前でUターンするブナ父さん。

Uターン次男坊
室内への扉が下りてしまっていたので、扉の前で元気よくUターンする次男坊君。
わーい、父子で同じ事をやってるー。

折れた枝とブナ
あ、そうそう。扉の前から大きな木へ斜めに渡されたこの幹は、7月下旬にはこのようにバッキリと折れていましたねぇ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
屋内との出入り口をふさがれたときのブナくんの表情は哀愁を漂わせてますよね…。
レッパンの研究って進んでるのですかねぇ?論文とか読んでみたい気もしますが、かなり親から遺伝することが多い気がします。
祭囃子の音がレッパンの鳴き声に近いものがあったんでしょうかねぇ…。
2006/08/21(月) 23:47 | URL | itoken #JalddpaA[ 編集]
ブナ君は音によく反応しますね。次男坊君はまだそこまでは反応をしましません。
丸太は腐った感じですね。誰かが乗ってる時に折れたとしたら…かなり驚いたでしょう。
2006/08/22(火) 00:47 | URL | げろっぱ #GlGgp5ro[ 編集]
一枚目の写真を見た時、一瞬ダレって思ってしまいました(^-^A
祭囃子に誘われて踊り出すブナくん見てみたいなぁ。
ブナくんは音に対する反応がヤンヤンじぃちゃん並に良いですよねぇ。
2006/08/22(火) 17:09 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
itokenさん
レッサーパンダの研究は進んでいるとは思うのですが、私達ファンにまでその内容が下りて来ないのはちょっと残念な気がします。
全部を見せろとは言わないけれど、数年に一回でもいいので研究成果を聞く(読む)事ができる場があるといいですよね。
2006/08/23(水) 23:53 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
げろっぱさん
次男坊はまだまだ進化中という感じですね。
大きな丸太ではないのですが、大きな木の陰に隠れるようにして渡してある古い梯子は腐食して、次男坊が乗っている時にバキッという音とともに部分的に折れました。
次男坊は落ちそうになっていましたが、梯子が持ち堪えてくれたので落ちずに済みました。
2006/08/23(水) 23:58 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
ぴっぴさん
ブナは行動がハッキリしていて分かり易いところも好きなのですが、祭り囃子への反応の良さは格別でした。
すぐに飽きてタレるかと思ったのに、全然飽きなくてずっと音のする方向を見ていたんですよ。
耳の動きはぎこちないけれど、周囲の変化には敏感なんですねぇ。
2006/08/24(木) 00:03 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/82-80198ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。