東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ雪の残る1月下旬に市川市動植物園に行ってきました。

不機嫌君なりに愛想をふりまいていたアクア君。
誰に似たの?2

ふっくらフカフカ、首がない。アクア君って首回りが特にモコモコなんだね。
誰に似たの?4

この不機嫌君はいったい誰に似たのかと考えていましたが、
誰に似たの?3

お昼寝をする天天パパのこの安らかなお顔と下のアクア君を見比べていたら、頬のふっくら加減が似ていると思いました。
誰に似たの?5

目の大きさが控えめなところは父子で似ているけれど、天天パパはちょっとタレ目気味で微笑みの貴公子なんだよねー。
誰に似たの?6
それにしてもアクア君ってどこにもくびれがないなぁ。

アクア君は先週4号舎の方に移動になってしまったそうですね。代わりに1号舎に来たのがメイファとフラン君だとか。これはまた行かねば。

天天とアクアだけじゃ何なので、ナミちゃんの写真も蔵出しです。

2003年か2004年でまだ天天とのペアリング前、1号舎にナミちゃんが一頭で住んでいた時のものです。
誰に似たの?7
(自分の記憶ではこの写真は2003年夏のもので、ちょうど天天が行方不明になっていた時と記憶しているのですが、何故か写真の日付が2005年7月。それはナミの最初の出産でリンタとライチが生まれた頃なので、この日付はあり得ないのです。どういうこと???)

来園者にほど近い木の枝の上に仰向けになってゴロゴロしていたナミちゃん。この頃のナミちゃんは超おっとりした性格で、この時もまるでナマケモノのようなゆっくりとした動きで、仰向けになったままポヤーンと来園者を見ていました。
その破壊的な可愛らしさに、ナミちゃんの前にはちょっとした人だかりが出来ていました。当時はまだ風太が立ち上がる前で、レッサーパンダもマイナーな動物の一種でしたが、ブーム前でもナミちゃんの魅力は人々の足を止めるに充分だったのです。

別の写真でアップ。
誰に似たの?8

実はこの写真を撮影した日は、カメラを新調して試運転の日でした。露出の設定を画面中央集中モードにしていたため、ナミちゃんのお腹が画面中央に来た写真は、黒いお腹に設定が合ってしまい真っ白け。この二枚の写真もPhotoshopで修正しまくり、この状態まで明暗を出しました。

何年もレッサーパンダの写真を撮っていますが、思い返してみてもその時に一度しか見ることのできなかった場面で撮り損ない、未だに悔しくて忘れられない出来事が幾つかあります。ブナ君がスズメに飛びかかっているところ(かれこれ9年前ぐらい)とか、ブナ君が仰向けになって背中を芝に擦りつけて「かいーの」とジタバタしているところ(4~5年前)とか。この時のナミちゃんの写真もまた、悔やんでも悔やみきれない失敗例です。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/804-d11173f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。