東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若いジャイアントパンダ6頭が、四川省成都市都江堰市玉堂鎮のパンダ谷(成都ジャイアントパンダ繁殖育成研究基地・都江堰繁殖野生帰化研究センター)で、野生化研究対象グループの第一弾として密生した山林に放されたニュースを紹介します。

四川パンダ野生化計画 第一弾6頭を放し飼いへ (新しいウィンドウが開きます)
人民網日本語版 1月12日(木)配信

以下は、本文からレッサーパンダに関する表記を転載しました。

都江堰市と成都パンダ繁殖育成研究基地は2006年、野生化の実現率を高める目的で、3億元(約36億円)を共同で出資し、都江堰玉堂鎮馬家溝に面積134ヘクタールの用地を確保、パンダの生息条件に叶った「パンダ谷」の建設をスタートさせた。
第一期工事が2011年12月に竣工、パンダ野生化移行訓練研究に向けた放し飼いの条件が基本的に整った。「野放(放し飼い)研究センター」の全面竣工後、ジャイアントパンダ30-40頭、レッサーパンダ50-100頭が放され、他の野生動物と共に野生環境で生活することになる。

下の地図は成都市都江堰玉堂鎮馬家溝の場所を「」として表示しています。

大きな地図で見る

世間的には、野放研究センター全面竣工後に野生復帰させるジャイアントパンダ30~40頭というのがインパクトあるのでしょうが、レッサーパンダマニアとしては一緒に放たれるレッサーパンダ50~100頭の方に注目です。
レッサーパンダ100頭!
まあ、一度にではなく何年もかけて段階的に放って行くのでしょうが、そんなに放出できる頭数を確保できそうなのか。さすがは中国、レッサーパンダ本来の生息地!

野生環境に放たれた個体の何割かは命を落とすことになるでしょう。
また飼育下にある動物達は、野生動物にとって最も大きなストレスとなる「食糧の確保」からだけは解放されているという説もあります。
それでも、レッサーパンダが野生下で個体数を増やしていくことを願ってやまない自分がいるのです。今後もこのパンダ野放プロジェクトに注目していきたいと思います。

ところで上の地図は敢えて四川省成都市からのパンダ谷の場所を示していますが、広い中国の中で成都市の場所が分からない人は、レッサーパンダを多少なりとも気にする者として、四川省とその省都・成都の場所をチェックよろしく!
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/797-95904a3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。