東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末の江戸川区自然動物園、お昼過ぎのレッサーパンダ放飼場。
珍しくブナ君(左)とユウユウさんが同時に展示されていました。

いつも放飼場を巡回しているブナ君も、この時間帯はさすがに寝ています。ユウユウさんはよく見ると寝ていません。
2011年のシメ1

一時半ごろ、ブナ君が顔を上げました。でも眠そうで、動きもモサッとしています。
2011年のシメ2

ブナ君、午後の行動開始ですか。
ブナ(左)「ユウユウちゃーん、ご機嫌いかが?」
2011年のシメ3

ユウユウ(右)「それ以上こっち来たら吠えて殴る」
2011年のシメ4

ブナ(左)「今日もユウユウちゃんが怖いです。全国のレッサーパンダファンの皆さん、僕はどうすればいいのでしょう?」
2011年のシメ5

ブナ君が木を下りて遠ざかっていくまで監視の目を緩めないユウユウさんでした。

今年後半の江戸川Zooでは、レッサーパンダより撮影枚数が多かったかも知れないオウギバト一家。左から母⇒子⇒父。母鳩の足は動きも正常になって良かった。子鳩はここ一カ月で足がガッシリしてきたようです。父鳩は体重何キロぐらいあるんだろうなぁ。
2011年のシメ6

秋から冬にかけてのハイイロリス展示のお楽しみは、この落ち葉プールです。
マウスポインタを下の画像に重ねると、リスが枯葉の中に潜ります。
2011年のシメ7

オタリアプールではきらりもちゅらも下の写真の表情で、プールをゆらゆらと泳いでいました。本当に二頭ともこの表情なの。
2011年のシメ9

さて、レッサーパンダ放飼場に戻って来ると…
ブナ(左)「ユウユウちゃーん、僕も木に上っていいですか」
ユウユウ「ダメ」
2011年のシメ

大きな瞳の目ヂカラでクールにブナ君を足止めするユウユウさんと、いったん木から下りたが最後、もう上らせて貰えないブナ君なのでした。これが江戸川レッサーズ・クオリティ。さて来年は何か変化があるでしょうか。

レッサーパンダを愛する皆様、2011年も一年間ありがとうございました。
今年はレッサーパンダを飼育する動物園としては最北の北海道・旭山Zooと最南の鹿児島・平川Zooへの遠征が実現しました。でもまだまだ訪問していない動物園は沢山あるので、2012年も一園でも多くの動物園に足を運んでレッサーパンダに出会い、また動物園についても学んでいきたいと思います。

それでは良いお年をお迎えください♪
関連記事
コメント
この記事へのコメント
yo-coさん、あけましておめでとうございます。
yo-coさんの行動力が羨ましいです。
北も南も行きたいところだらけですがなかなか広げられません、自分は。
ところでユウユウさんとブナ君、このままで良いのでしょうか?
ブナ君には殴られても殴られてもめげずにアタックし続けろ、としか言いようがありませんね。
2012/01/05(木) 23:38 | URL | ATE #TGDbwZlg[ 編集]
ATEさん
ご挨拶が遅くなりました。今年も宜しくお願いいたします。
私の行動範囲なんてまだまだです。特に運転できないのでサファリ系に行けないのが辛い。
ブナとユウユウは3年連続で繁殖していたのにそれが止まった原因は、本音を言うと人災だったと私は思っているので、完全に以前のようには戻れないのでしょうね。
毎年交尾はあるそうなので、あとは二頭のタイミングが合うよう祈るばかりです。
2012/01/07(土) 18:57 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/793-5d938573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。