東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(成都特集の途中ですが、元記事が削除される前にご紹介させて下さい。)

7月17日午後三時に北京動物園の「小熊猫館」のレッサーパンダが四つ子を産んだのだそうです。
しかし三つ子でも母パンダは大変だというのに、北京動物園でも初の四つ子ということで事は順調ではなかったようです。

レッサー・パンダの赤ちゃんのために犬の“乳母”を募集 [中国経済ネット]
(赤ちゃんレッサーに授乳中の飼育係さんの写真あり)
<概要>
母レッサーの母乳だけでは充分ではなく仔パンダ達の生命を危機にさらす恐れがあるため、北京動物園は「乳母」を募集した。

仔パンダの一頭は既に人工哺育されている。
動物の初乳は免疫物質を含むため「人工哺育では動物の母乳にはかなわない」と飼育係は語っている。

動物の母乳の中でも犬は授乳を行ない易く、犬の初乳の成分はレッサーパンダのものとも近いので、仔パンダの免疫力を高め生育率を上げるだろう。

乳母の条件:出産後7日間以内の雌犬で、体形は中小型、温和な性格であること。条件を満たす雌犬がいる場合、24時間対応のホットラインへ。

----------
そして驚異的なスピードで事態は進展し、19日には下記のようなニュースが配信されました。

一匹の雌犬がレッサー・パンダの“乳母”になる [北京新聞]
(乳母に授乳させる飼育係さんの写真あり)
<概要>
昨日は朝からホットラインに連絡が寄せられ、午前8時頃の電話で「自宅の“小鹿”という母犬が15日に出産したばかりだが、残念ながら子犬は亡くなってしまった」ということだった。“小鹿”は母乳も充分でおとなしい性格であり、飼い主はこの母犬が動物園でレッサーパンダの生育を助ける事を望んでいる。

正午12時すぎ、飼育チームのスタッフが飼い主から“小鹿”を引き取り、早速獣医が検査を行なって適格であると判断した。
仔パンダのうち一頭は身体が弱っており哺育器の中でしばらく様子を見らねばならず、まずは他の三頭に対して“小鹿”が授乳することになった。
結果は成功で、三頭は順調に授乳を受けている。

北京動物園には合計33件の情報が寄せられ、もしも“小鹿”の母乳では足りない場合は既に次の候補を物色しているという。

----------

そんな話とはつゆ知らず、7月21日に北京動物園に行っていた管理人なのでした。

北京動物園幼児園
「動物幼児園」と書いてありますが、つまりは「育児室」ですね。
雉の展示場の一角にある小さな施設で、一頭の黒い犬が子犬達に授乳している様子を見る事ができました。

その隣の部屋でも子犬がモゾモゾと動いている姿が見えました。
赤パンダの赤ちゃん
「うわー、随分レッサーパンダに似た子犬……って、レッサーパンダの赤ちゃんじゃん、コレ!」

赤パンダの赤ちゃんのアップ
こんな小さな時から公開していいのかと思ったものの、人々はレッサーパンダの赤ちゃんとは気付かずに素通りしていました。
二頭の仔パンダが母親の足にすがりついて……って、絶対にレッサーパンダの足じゃないこの足は何っ!?

乳母の老犬様と
と動揺しながら見ていたら、異様なニンゲンの視線を察知したのか乳母の犬に睨まれてしまいました。
ゴメンね、ガラスに張り付いて見ちゃって。

以前も中国で赤犬が仔レッサーパンダの乳母を務めたニュースを読んだ事があったので事態はすぐに呑み込めましたが、中国の動物園ではこういう事はよくある事なのでしょうか。

私がカメラを構えていたせいで人々も「何かいる」と気付き、たちまち小さな部屋のガラスの前には人だかりができてしまった!
私がガラスの前を離れてしばらく経ったら人だかりもなくなりましたが、人だかりの原因を作ってしまった事を反省しながら育児室の前を離れたのでした。

それから数日後、“小鹿”さんの母乳だけでは足りず、新しい乳母がかり出されたという記事を読みましたが、その後はどうなったのでしょうね。
四頭全員が元気に成長しているといいな。
それにしても17日に生まれたにしては私の撮影した仔パンダ達は育ち過ぎていませんか?撮影したの21日だよ。生後四日には見えないんですけれど…。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
yo-coさん!凄い現場に居合わせましたね!!超~スクープですねっっ!
そういえば、NEWSWEEK8・9月号は世界の動物園&水族館特集で、臥龍パンダセンターも大きく記事になっていました。でも、レッサー記事ゼロ。もう一つ、今月号のANAの機内誌、国際線版(英語のページ)は、表紙もパンダで、中身も臥龍パンダセンター特集で、メインは大熊猫ですが、こちらはレッサーパンダの記事ありでした。巻頭特集ですのでボリュームたっぷりです。国際線に乗ると無条件でシートポケットに入っていますが、国内線には日本語版しか入っていません。が、国際線用の機内誌(WINGSPAN)下さい、と言えば、出してきてくれます。
仕事で今夜のテレビが見れず残念でたまりません~!!
2006/08/07(月) 14:35 | URL | mikan #tVpX4ii2[ 編集]
すんごい、こんなに小さな時に見られるなんて(!_!)
レッサーパンダのお乳と犬のお乳の成分近いんですね。
そう言えば犬用のペレットをあげる事もあるとか(レッサーパンダ用より栄養価が高いらしい)。
キリンの場合は牛のお乳でしたよ。
2006/08/07(月) 19:56 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
乳母犬には、びっくり。
公開が早いですよね。
私もこの現場にいたら、冷静には、いられないでしょう。でもこの写真だと生後56日前後のような気も。
2006/08/07(月) 22:44 | URL | いまちゃん #-[ 編集]
犬の乳か~
でも、なんか犬からの病気を貰うかもとかって言ってませんでしたっけ?
犬も消毒されちゃったのかな。
2006/08/07(月) 23:05 | URL | げろっぱ #-[ 編集]
これはまた貴重な体験でしたね~
でも、こうして異種が一緒になっていると、やっぱり違和感がありますね。
(日本でもどこかでやってましたっけ?)
飼育員さんに”つままれて”いる子パンダ。ホントにちっちゃいです!
無理に野生に返さないでもいいから、無事に育ってほしいです。
2006/08/07(月) 23:39 | URL | hide #ap6xNNEE[ 編集]
mikanさん
WINGSPANを何とか入手できないかと探したのですが、年間購読しか見つけられなかった。NEWSWEEKの方はしっかりチェックしました。お知らせありがとうございます!
この場面に遭遇できたのは、大金をはたいての臥龍行が不発に終わったので、レッサーパンダの神様が何かを微調整をしてくれたのでしょう。
2006/08/13(日) 23:52 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
ぴっぴさん
ガラスの小部屋に籠がポツンと置かれていて、その中に乳母犬と仔パンダ2匹。
大部分の人は素通りしていましたよ。
こんな生まれて間もない仔パンダを直に見られる機会は、もう巡って来ないような気がします。
ペレットって「レッサーパンダ用」もあるんですね。
草食の猿用のペレットを与えているという話もどこかで読んだような気がします。
2006/08/13(日) 23:57 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
いまちゃん
やはり乳母犬の公募で一般市民に呼びかけたりしたので、結果報告も兼ねての公開なのでしょうか。
この仔パンダ達は、顔や耳の色柄や四肢の黒色が随分と濃くなっていますよね。
2006/08/14(月) 00:00 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
げろっぱさん
おそらく動物園に連れて来られて、真っ先に乳母犬の小鹿さんは健康診断されまくったんだと思います。
精密検査された上で隔離され授乳とは、状況を理解していなきゃ辛いですよねぇ。
2006/08/14(月) 00:03 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
hideさん
仔パンダ達が小さな前足でしがみついているのが、レッサーパンダの物とは似ても似つかない犬の足というのは、見ていて本当に不思議な感覚でした。
日本で乳母犬の例は聞いた事はないと思います。

>無理に野生に返さないでもいいから
先日の「世界まるみえ」のレッサーパンダ特集を見て、私もそう感じました。
更に、中国南方を取材していてレッサーパンダが食用として売られていたのを(ずっと以前に)見た事がある、という話を先日ある人から聞いてしまい、動物そのものの研究と共に生息地の管理の重要性も痛感しました。
2006/08/14(月) 00:12 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
yo-coさん、私WINGSPAN、沢山いただいてきました。いつか、レッサーオフがあったら皆さんにお渡しできるくらいあります(笑)大熊猫がメインなのでレッサー記事はほんの少しですが、レッサーの写真付きで記事に取り上げられているのに嬉しくなります☆
2006/08/15(火) 00:28 | URL | mikan #tVpX4ii2[ 編集]
mikanさん
うわー、レッサーパンダの部分にはどのような事が書いてあるのか気になりますぅー。
いつか皆でお宝公開大会したいですね。
2006/08/20(日) 22:53 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/79-b8ebaaf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。