東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成都大熊猫繁育研究基地のレッサーパンダ特集も第6回目となりました。
今日は二号活動場の全体図をご紹介します。

全体図
ショボイ図解でスミマセン。これからお見せする三枚の写真の撮影位置と撮影方向を水色の★と矢印で表示しました。
大きくて円い活動場は、前の方が低く後方に行くごとになだらかな斜面になっているので、正面から見た時には奥まで見通せるのが良かったです。

(1)正面からの図
<マル1の写真>正面から撮影。
お食事処でもあるので、多くのレッサーパンダが三々五々動き回っている様子を見る事ができます。
この正面エリアのみ人間側もちょっとした観察エリアになっていましたが、余り広くないので団体さんがお着きになったら撮影場所をキープするのにちょっと頑張らないといけませんでした。

(2)左横から正面を撮影
<マル2の写真>正面から向かって左側に立って、正面方向を撮影。
右奥の方に人影が見える場所が、正面の観察エリアです。お食事処はちょうど樹の陰になって見えなくなっています。
実は二号活動場の外周は一部分通り抜けられなくなっているので、正面からこの左側へ来るには後方をぐるーっと迂回せねばなりません。

(3)左横から後ろ方向
<マル3の写真>2番の写真と同じ場所から、活動場後方を撮影。
活動場はどこから見てもレッサー達の姿がよく見えるよう、休憩場所が所々に設えてあります。斜面になっているのも判りますか。
よく見るとド真ん中にレッサーパンダの姿が小さく見て取れます。


2の位置のレッサーパンダ
2番の写真で、樹上でタレていたパンダのアップ。
お食事処に行きもせず、ひとりで暑さを醸し出していますね。
市内より涼しいとは言え、気温は30度を超えてうだるような真夏のお昼時ですから、このリアクションは当然です。

3の位置のレッサーパンダ
たぶん3番の写真に写っていたレッサーパンダ。
やはりお食事処には行かず、木立の間を悠々とお散歩していました。

後方のレッサーパンダ
活動場の後方に植えられた木々の根元で惰眠を貪るレッサーパンダ。
後方へ行くほど斜面の傾斜がきつくなっていることがわかります。


そして最後に隣接の建物の壁に飾られた?プレートの写真です。
併設の建物にかかっていた看板
「日本からの無償援助によるレッサーパンダ運動場 1996年8月」
どこのダレよ?そんな素晴らしいことをコッソリやってた人は。

またここでは50元ほどでレッサーパンダを抱っこして写真撮影ができるらしいのですが、そんなお知らせは見当たりませんでした。
ゆっくり探している余裕もなかったのですが、一体どこに行ったらレッサーパンダと一緒に写真が撮れるんじゃー!?

成都大熊猫繁育研究基地のレッサーパンダ特集もいよいよ次回で終了予定です。
最後は、どこよりも恵まれたレッサーパンダの二号活動場ですが、実は二号活動場はここだけではなかった、という話。スゲーよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
レッパンの見せ方の勉強になりますね。
シャイなレッパンのために奥が見れるようになっているのがミソですな。

地元だからなせる業で、日本ではできないんでしょうか??

んで、日本の無償援助といえばODAですかねぇ…。かなりばら撒いてましたから…。
2006/08/11(金) 00:09 | URL | itoken #JalddpaA[ 編集]
itokenさん
なるほど、ODAだったら納得できるかも。
あの巨額のODA、現地の人々には日本からのものである事を殆ど知られていないというのが泣ける話です。

放飼場の作り方はホントにいい勉強になりました。
特に斜面の使い方が気に入りました。
モートを使って急斜面の移動(あるいは岩登り)は、もっと日本でも見たいです。
あの放飼場の広さは実現できないにせよ、使えそうな部分はどんどん真似していって欲しいです。
2006/08/14(月) 00:41 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
ODAについては教育されてないですからね。戦後の日本の行為よりも戦中の日本の行為を中心に教育されてますからねぇ…。

やはり、日本におけるレッパンの地位がまだ低いですからねぇ…。レッパンのよさが出る放飼場を作って欲しいですね。立ち姿以外にもレッパンには魅力がありますからね
2006/08/14(月) 20:24 | URL | itoken #JalddpaA[ 編集]
itokenさん
昨今ブームになりつつある進化する動物園ですが、これから建設や増設する放飼場には色々と工夫を凝らして欲しいですね。
レッサーパンダの放飼場の場合は夏場は陰ができる方角にするとか、放飼場に陰ができるような大きな木を近くに配置するとか。
あと、多少距離は遠くなっても、やっぱりモート式が一番です。
2006/08/20(日) 22:59 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/78-be4703f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。