東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月18日に多摩動物公園に行ったので、記録として当日付で記事をエントリーします。ちなみに記事を書いたのは9月21日でっす。

ブログタイトルに「レッサーパンダ」と銘打っているからには、一本の記事の中に必ずレッサーパンダの写真を入れることが自分ルール。でも今日の記事のタイトルで無理やり登場させられても、当のレッサーパンダにとってはありがた迷惑だよね。
写真は、切り株の凹みにイイ感じにはまっているララちゃん。
チーターとキリンと鳥01

8月中旬のレッサーパンダにアクティブさを求めてはいけない。そして夏の間のレッサーパンダブログにもアクティブな更新を求めてはいけないのである。

暑いのが分かっていながら何をしに多摩Zooまで行ったのかと言えば、噂のチーターっ子を見に行ったのであります。この写真のチーターっ子はキングチーターではありませんが、意外と模様が違いますね。
チーターとキリンと鳥05

「あっ、お母ちゃん」「お母ちゃーん」
スミレ母さん(写真右上ご参照)がいいタイミングで通ってくれたお陰で、子供たちの目線いただきましたー。
チーターとキリンと鳥06

噂のキングチーター、ナデシコちゃん(写真右)の写真は殆ど撮れませんでした。この模様の違いが、成長するとどのように違ってくるのでしょうね。
チーターとキリンと鳥07

スミレ母さんとお子ちゃま2頭(と見物人の影)。
子供は斑点だらけに見えるけれど、身体が大きくなって体表の面積が広くなると斑点と斑点の間隔が広がるのだろうか。
チーターとキリンと鳥04
多摩でチーターを撮影する方が皆感じているでしょうが、ここのガラスの写り込みには本当に泣かされますね。みんな黒ずくめで来いやーと思ってしまう。そう思う一方、動物園とは動物を写真撮影するための施設ではないということを、不満が頭をよぎる度に自分に言い聞かせています。

ピンぼけだけれど気に入った写真。
動物の親子は、見つめ合うことでどんな情報をやり取りしているのだろう?
チーターとキリンと鳥08

キリン、キリン、キリンまみれ~。
チーターとキリンと鳥09

多摩Zooに初めて行った時、キリンが集団でユラユラと動いている姿を見て、何と優雅な動物なのだろうと目を見開きました。ここでキリンを見ずして、キリンを見たことがあるとは言えない、と思う。

8月上旬に誕生して、人工哺育となったアミメキリンのユリアちゃん。そしてその様子を見に来た大人キリン。
チーターとキリンと鳥10
裏側の通路から障害物の間を縫って撮影したので、まるで芸能人の隠し撮り写真のようです。

アフリカ園でとても良い声で鳴いていた野鳥。あまりにクリアで綺麗な鳴き声だったので、録音をスピーカーで流しているのかと勘違いしてしまいました。多摩Zooは野鳥の声を聞くのも楽しい。
チーターとキリンと鳥02

<嘆きのハチドリ・マニア~Humming bird Maniax>
なぜ、この日の記事を書く気にならなかったのかというと、ハチドリさん達に一羽も会えなかったのです!皆、無事でいるのかしら。なにせあの小ささだから、何かあっても治療もままならないと思うと気になってしまう。

ハチドリ4羽との再会を願って、以前撮影した写真をアップ。
チーターとキリンと鳥03
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/762-a2b48e7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。