東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レッサーパンダ一号活動場の手前で見学を謝辞された取材班(管理人&ガイドさん)は、当基地の最も奥にある二号活動場へと速やかに移動を開始しました。

成都赤パンダ二号舎入り口
広い遊歩道から二号活動場へと入る小道の入り口には、嫌でも目につく大看板があります。
成都大熊猫繁育研究基地のレッサーパンダの展示は、この二号活動場の方がメインのようです。

看板アップ
ご親切に日本語でも説明が書いてありますよ。
原文ソックリに書き出します。

小熊猫(小パンダ:レッサー.パンダ)
保護等級:2000年、IUCN(国際自然と自然資源保護連盟)によって絶滅危惧種に指定され。
野生の数:5000頭左右(「左右」とは中国語で「大体」の意味)
分布:ヒマラヤ山麓の温帯森林、ネパール西部からミャンマーの北部、中国西南部(四川、雲南、チベット)海抜1800~4800メートル山岳地帯。
食物:竹が主食で、他に草、植物の根、果実、苔を採食する。たまに昆虫、卵、幼虫、小ゲッシ動物も採食する。
性成熟:約18ヶ月
交配季節:1月~2月
出産季節:6月~7月
産仔数:1~4仔、通常2仔
寿命:飼育環境下では17.5歳に達する。

成都赤パンダへ続く道
看板があったからといって、すぐに活動場があるわけではありません。
看板の脇にある小道(と言っても充分広い)を登ります。
平坦に見えますがけっこう傾斜があるんです。
レッサーパンダへと続く道のりは、その距離と傾斜で少しだけ愛が試されるのです。

直進したいところですが、ここは右へ曲がった方が活動場の正面への近道です。


もうすぐ二号舎
木立の向こう、坂の上に見学者がチラホラ。そこが二号活動場です。

あれは…!
ああっ、あれは…!

成都ついに赤パンダ
夢にまで…は見ていないけれど、ずっと見たかったウジャウジャ赤パンダ群が私の目の前にいます。

成都二号活動場の赤パンダ
「続きはまたね!」
関連記事
コメント
この記事へのコメント
私も決心しちゃいました。実は秋に成都&臥龍パンダ保護研究所に行くことにしました。
yo-coさんのレポ見てたら我慢できなくなりました。
さすが、本場放飼場が、広い。
皆さんで拾い食いしてるの。ダイナミックじゃ。
2006/07/31(月) 20:56 | URL | いまちゃん #wb.gbiOU[ 編集]
さすが中国広いですねぇ。
日本語で書かれているということは日本人も来る機会が多いんでしょうね~。
うじゃうじゃ赤パンダ…。ラッシュ時のような赤パンダ…。
プチうじゃうじゃ赤パンダは市川で見れますが、実際見たら鼻血でっぱなしでしょうなぁ…。

三国志から古代中国史にハマった人間なので若干の知識はあります。
成都は標高が高い上に、大気汚染が問題となっているので移動が結構大変じゃなかったですか?
2006/07/31(月) 23:09 | URL | itoken #JalddpaA[ 編集]
わらわらしてますね~(^^)
成都基地には全部で何頭いるんでしょう?
あと、気のせいかみんな兄弟のように見えますけど、
家系図や名前などの案内はありましたか?
やっぱりいつかは行ってみたいです!
2006/08/01(火) 00:41 | URL | hide #ap6xNNEE[ 編集]
たまに食す“小ゲッシ動物”とは何でしょうか・・?5年前、上海の動物園にはるばるレッサーパンダに会いに行ったのを思い出します。上海でもかなりの頭数がいて、敷地があまり広くなかったからぎゅうぎゅうって感じでしたが、本場の本場は違う!って感じですね。この先のレポートも楽しみです!!日本からのツアーに参加しないと行きにくい感じなのでしょうか?
2006/08/01(火) 11:29 | URL | mikan #-[ 編集]
きゃーーー!ウジャウジャパンダ♪♪
いいなぁいいなぁ。
行きたいけど今はグッと我慢・・・子育て終ったら老後の楽しみにとっておこうっと。
2006/08/01(火) 18:22 | URL | りお #6neE7fkQ[ 編集]
いまちゃん
おおー!決心しましたか!
今後ツアーで成都に行く人の為に注意事項をまとめる予定ですが、交渉事は出発前に日本の旅行社にシッカリ伝えた方がいいですよ。
私は日本の旅行社に「レッサーパンダを見たい」と伝えたところ、「現地のガイドに希望を伝えれば、ガイドさんが詳しく知っている筈ですよ」と言われました。
でも現実は、現地のガイドさんはレッサーパンダの存在すら知らず、当然ながら臥龍にレッサーパンダの施設がある事も知りませんでした。
ジャイアントパンダに接する事が目的ならばツアーに乗っかるだけで充分満足できると思いますが、目的がレッサーパンダに変わっただけでももう一筋縄ではいきませんでした。
2006/08/06(日) 01:21 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
itokenさん
小熊猫二号舎設立の陰には日本の篤志家の存在があったようです。
園内の案内は中国語&英語、時々プラス日本語という組み合わせでした。
私が行ったのは平日だったので、現地人よりむしろ外国人旅行者の姿を多く見かけました。
日本人はもちろん、他のアジア圏の人々から欧米人まで、今やここも成都の観光地の一つとなっているようです。
成都も車の量がハンパじゃなかったです。
でも町の広さもハンパじゃないので、車をチャーターしないと移動に手間取りそうでした。
2006/08/06(日) 01:30 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
hideさん
この一団がいる放飼場に気付いただけで10頭、隣接の放飼場二箇所に3頭と1頭。
公開していなかった一号活動場には妊婦レッサーがいるでしょうし、成都近郊で怪我しているところを捕獲されたレッサーも最近ここの施設に運ばれたので、はてさて何頭いるのだか。
そして特にこの一団は、みんな耳の位置が顔の横の方に付いているんですよね。
これが中国レッサーの傾向なのか、血縁関係に因るものなのかは分かりません。
また家系図や名前の展示は見かけませんでした。
2006/08/06(日) 01:37 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
mikanさん
上海には市内と郊外、二カ所の動物園があったと思いますが、どちらに行かれたのでしょう。
またそれはフリーで行かれたのですか?
私も是非上海レッサーに会いに行きたいです!
成都レッサーですが、この成都パンダ基地の方は個人で行けますが、臥龍は交通手段はあるものの時間がかかるので、ツアーか現地旅行社を通して車をチャーターという手段になると思います。
2006/08/06(日) 01:41 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
りおさん
そうです、老後の楽しみに是非どうぞ♪
きっとその頃には研究が進んで、レッサーパンダの数も増えていることでしょう(願望)。
でもウジャウジャパンダはやっぱり、市川で是非「ファン感謝デー」を催して実現して欲しいです(そしてカツオと天天がケンカしちゃったりするのかな)。
2006/08/06(日) 01:45 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/74-eeed5cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。