東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月中旬に行った甲府市の遊亀公園附属動物園は、週間天気予報を裏切る晴天&気温上昇でした。

レッサーパンダ放飼場の大きな樹木の背景には甲府の山並み。盆地ですなぁ。
2011年春の遊亀動物園
遊亀動物園の木はレッサーパンダが観やすいように上手く剪定してあるので、いつも心の中で感謝しております。夏になったらもうちょっと葉も茂って、パンダ達が涼めるような木陰もできるでしょうね。

ええと、細身のアナタは誰かな?
2011年春のクウちゃん01

えっ?クウちゃんなの!?
2011年春のクウちゃん04

クウちゃんといえば、この看板のようなフワモコのリアルぬいぐるみだったと記憶しているのだけれど…?
(遊亀公園内のボード)
2011年春のクウちゃん07

いや、ゴメンゴメン。クウちゃんは他のレッサーパンダに比べて、ちょっと早めの換毛期なんだね。
2011年春のクウちゃん09

そういえば千葉に棲むお兄ちゃんも換毛でヒョロヒョロになっていたから、お父さんは違っていてもやっぱり血のつながった兄妹なんだねぇ。(4月下旬の風太)
2011年春のクウちゃんのお兄ちゃん
換毛で顔立ちまで違って見えるけれど、優しげな眼元に面影がありますね。クウちゃんは木登りしたり放飼場を歩き回ったりと活発に行動していました。
2011年春のクウちゃん02

壁の隙間からキーパーさんを覗き見しているところ。壁のスリットにいい感じでハマッています。
2011年春のクウちゃん05

茶太郎が出てくるまでは地上をあちこちと歩いていたけれど…
2011年春のクウちゃん03
茶太郎が一緒に出ている時には、一度も地面に下りてこなかったのが気になったかな。でも茶太郎が近くに来ても身構えるわけでもなく、昔ほどクウちゃんが茶太郎を怖がっているような印象は受けませんでした。

地上近くの枝先ギリギリまで出てくるクウちゃん。下りてきて欲しいけれど、クウちゃんなりに下りられない事情があるのでしょうね。
2011年春のクウちゃん06

小一時間ほどの茶太郎との同時展示が終わって、放飼場の左端の陰で涼むクウちゃん。この場所は芝生の下から水が流れ出ていて涼しそう。今年最後のサクラの花びらがレッサーパンダの放飼場にも散っていて綺麗でした。
2011年春のクウちゃん08

今年(2011年)1月生まれのアメリカバクのユメカちゃん。お父さんのユメタロウは昨年11月に急病で亡くなったそう(合掌)。ウリボウ模様が見られるのもあと二ヶ月くらい?皆様お早目に~。
2011年春甲府のバクっ娘

震災後、上野動物園でアメリカバクを見ていた時に耳に入ってきた子連れの奥様方の会話。
「本当にバクが夢を食べてくれたらいいのに。子供が見るらしいのよね、津波の夢」

ああ、ちょうどその時は東北大震災の被災者の無料招待の時期でした。
この時ばかりは私も、バクに子供の悪夢を食べて欲しいと無理な事を本気で願ってしまいました。もちろんバクにそんな事はできませんが、大きなショックを受けた子供たちがせめて動物園で楽しい体験を重ねて、嫌な思い出が1/2から1/4に、1/10に1/100に…と薄まっていくようにと願わずにはいられませんでした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/713-152b411c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。