東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の遊亀公園附属動物園の屋外レッサーパンダ展示は、クウ⇒クウ&黄太郎⇒クウ⇒夢夢⇒黄太郎という素晴らしいローテーションでした。

クウちゃんは換毛のためチワワ化していたものの、枝から枝へ軽々と飛び移り、すっかりレッサーパンダらしくなっていました。でも黄太郎と一緒にいる時、地面に降りないのは何故なのでしょう。

黄太郎は地面にいる時は小走りで走り続け、樹上ではクウちゃん以上に力強くジャンプしていて写真に撮りづらかったです。クウちゃんがいた場所の匂いを嗅いだりマーキングも積極的でしたが、クウちゃんに対する押しが弱いかも?

夢夢は今年18歳になるとは思えない毛並みの良さでした。


今は遊亀レッサーパンダの中で一番綺麗です。室内に居るときはお客サービス、放飼場では地面と樹上にマーキング、ついでにクウちゃんのお部屋の前も念入りにチェックしていました。

茶茶さんは右目の白内障はあるものの、小柄で可愛らしくも上品な顔立ちが市川の血筋を思い起こさせます。


夢夢との相互グルーミングは、話には聴いていたけれど初めて見ました。美男美女の見目麗しいベアなのですね。

暑ささえなければレッサーパンダ放飼場に張り付いていたかったけれど、レッサーパンダ前には陰がないので定期的に移動してクールダウンしないと倒れそうでした。
そんなわけで何度も橋を渡ってカナダヤマアラシを見に行っていました。


特別な仕掛けがあるわけでもないけれど、高い松の木を利用して放飼場を作ったこの展示は私のお気に入りなのです。

更に最奥にあるアメリカバク舎ではウリ坊ならぬウリっ娘が見られました。


バク母にはこの娘が第一子らしいけれど、ベアの雄が昨年11月に急死してしまったということで、今後の繁殖も期待できただけに残念な話です。

このバク舎に遊園地を通らずに行けるようになればいいのですが、この動物園って移転話がなかったかしら?
仲のいいマレーグマのペアや若いベンガルトラ、数種類いる原猿類など他にも魅力のある動物はいるし、展示物も(古くなっていたけれど)オリジナリティのある良い雰囲気なだけに、ここの設備の古さが勿体ないのです。移転して、一部の展示に関してはテコ入れして欲しいです。

週間天気予報では曇りだった筈なのに、今日の甲府は快晴。気温は何度か知らないけれど、シャツ一枚で充分という暑さでした。この暑さが盆地パワーか?
甲府は盆地で四方を山に囲まれているのが、同じく盆地で生まれ育った私には大変心地よいのです。市内のどこにいても同じ山が見えて、四方の山の近さと角度で自分が市内のどの辺りにいるのかが何となく判るという、平野育ちには分からないであろう安心感が盆地にはあるのです。

さて、ただいま甲府から長野に移動中。涼しくなり始めて活発になってきた黄太郎を尻目に動物園を後にするのは辛かったけれど、経費節減で普通列車を使うため仕方がないのです。そして列車の中で暇なので、こうしてケータイで長々とブログ更新中。

新宿⇔甲府で往復4000円の高速バスの旅は快適だし、クウちゃんに子供が生まれたら通っちゃうんだけれどね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
おお!新宿⇔甲府で往復4000円!
高速バスすごし!ですね

よくさがしたものだと感心しました
これならわたしにも手が出そうです^^ クウちゃん♪ウリっ娘♪
2011/04/18(月) 21:41 | URL | どい #mQop/nM.[ 編集]
どいさん
朝7時新宿発だったので起きるのは少々辛かったですが、9時20分には遊亀公園に着くことができました。
バスに乗ってしまえば二時間眠ることができるし、乗り換えの手間もないし、私も甲府に行く時は高速バスが定番になりそうです。
2011/04/20(水) 21:45 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/708-c0544937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。