東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく晴れた日の大島公園動物園のレッサーパンダ放飼場。
アイリちゃんがお昼寝中なので、ひとりでお散歩することにした琥太郎です。

この放飼場には、ヤマモモ1→アスレチック→?の木(イヌマキ?名前を聞いたのに忘れちゃった)→ヤマモモ2→東屋、という順番で並んでいます。
アイリちゃんはヤマモモ1で眠っています。
ヤマモモ1から下りた琥太郎はアスレチックを上がっていきます。
ひとり散歩1

とても綺麗な毛並みの琥太郎。四肢は太く長くシッカリして、体格も故郷の江戸川Zooにいた時に比べて一回り大きくなりました。体重は年間を通して、ほぼ7kg。今ならブナ父さんとガチバトルになっても勝てるかも。

アスレチックを上がりきって、更に?の木に渡された丸太を上がっていきます。
ひとり散歩2

放飼場に配置されたオブジェクトを順番に渡っていく琥太郎。なんだか琥太郎が新居の案内をしてくれているような気がしてきました。

琥太郎が?の木からヤマモモ2へ移ろうとしています。大丈夫? そこは枝がない上に結構距離があるよ。
ひとり散歩3

飛び移るのではなく、鉄棒の懸垂のように両腕で身体を持ち上げます。
ひとり散歩4

ヤマモモ2の上から得意気な表情でこちらを見る琥太郎。「結構遊べる放飼場だろ?」と自慢しているように見えました。
ひとり散歩5

ヤマモモ2から東屋の屋根へは飛び移ります。高低差があるので水泳の飛び込みポーズのようです。
ひとり散歩6

東屋は家族4頭が並んで寝そべることも出来そうなくらい広い一階平屋建てです。
屋根から地面に降りて、ヤマモモ1の方に歩いて戻る琥太郎。
ひとり散歩7

ヤマモモ1に戻ってきた琥太郎。
「アイリちゃん、まだ寝てるのね」
ひとり散歩8

「じゃあボクは木の上の方に行こうかなっ」と、レッサーパンダ的にかなりの大股開きでヤマモモ1の枝から枝へ移動する琥太郎。こうやって四肢の力を使って日々トレーニングしているから、立派な体格になったんだね。
ひとり散歩9

琥太郎が身体を落ちつけられる良い枝を見つけたようです。
細い眼も相俟って、とてもリラックスしているように見えます。
ひとり散歩10

アイリちゃん、体重5.5kg。
「琥太郎くんがうるさくって、起こされちゃいました」
琥太郎にひとり散歩させてる間のアイリちゃん
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/706-df368065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。