東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1月の三連休でようやく2011年のレッサーパンダ詣でができました。
新年のパンダ開きはやはりここ、江戸川区自然動物園から。

と、張り切って出かけたものの、何とブナ君は樹上でお昼寝。ユウユウさんの姿は見えず、恐らく出入り自由な室内にいる模様。
この放飼場には地面とお立ち岩の向こう側、二か所の水場がありますが、この日の竹はお立ち岩の陰に隠れて来園者からは見えない水場に据えられていました。でも結局二頭とも、一時間半ほどの間に竹を食べに来てはくれませんでした。

お昼寝とその後の(ブナ君にしては)長いグルーミングの後、ようやく木から下りてくるブナ君。うーん、ブナ君もそろそろ年なのかなぁ。
2011年、江戸川パンダ1

アクビを一つ。ちょっと猫っぽいですね。
2011年、江戸川パンダ2

あっ、一瞬ユウユウさんの姿が見えたっ。
2011年、江戸川パンダ3

テリトリーのパトロールを開始したブナ君。体も表情も引き締まっています。細身ではありますが、毛並もいいし四肢も力強いです。
2011年、江戸川パンダ4

アスレチックの上もちゃんと巡回します。ブナ君のテリトリーへの執念は一般的な雄のレッサーパンダよりも強いのだろうな、という思いを益々私は強めています。
2011年、江戸川パンダ5

あっ、ユウユウさんが一瞬だけ外に姿を見せたっ。ピンボケだけれど、やっぱり綺麗な顔立ちだなぁ。
2011年、江戸川パンダ6

実は写真には撮れなかったのですが、この日私が見ていただけで2回、ブナ君がユウユウさんを追いかけ回して放飼場を走っていました。もちろん以前からのルール通り、ユウユウさんが樹上に登ったら追いかけっこは終了です。何年も前からあるこのルールのお陰で、今でもブナとユウユウの追いかけっこはある程度安心して見ていられます。

でも最近疑問に思うのは、ブナ君はユウユウさんを雌だから追いかけているのかな?ということです。ただ単に、自分のテリトリーにいる他人(他パンダ)だから、ブナ君は「俺のテリトリーにいるお前は何者だーっ」という気持ちで追いかけているという可能性はないでしょうか。
ブナ君が樹上のユウユウさんを何度も見上げたり、ユウユウさんが竹を食べていると近づいて行くのを、私はずっとブナ君がユウユウさんにラブだからと言ってきました。しかしユウユウさんの警戒ぶりを見ていると、単にブナ君に他パンダとしてマークされているだけという見方もできそうな気がしてきました。だとしたら、繁殖期以外は個別展示にした方が、ユウユウさんはストレスから解放されるのかな。二頭一緒に観察したいのは山々ですが。うーん、やっぱり屋内展示室が欲しいなぁ。

真実は判りません。でも屋内展示のない江戸川レッサーの展示は、頻繁に屋外に出て来て行動するブナ君がいるからこそ他の動物園に引けを取らない展示が可能になっている、という見解は変わりません。ブナ君を観察するようになって、あと二カ月で丸9年。未だに一頭のレッサーパンダのことすら理解できていません。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/678-f74f39d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。