東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸川区自然動物園の今月のレッサーパンダのおはなしで、昼間のユウユウさんは昼寝したり狸寝入りしたりしていますが、室内に収容してからはとっても元気に走り回っているとのことでした。

色んな動物園のガイドで、レッサーパンダは夜行性と言われたり薄明薄暮性(※)と言われたりしていますが、ユウユウさんは少なくとも昼行性ではなさそう。
※薄明薄暮性(はくめいはくぼせい):薄明(明け方と薄暮)の間に、主として活発になる生き物を説明するのに使用される言葉。(Wikipediaより)

その昼間のユウユウさんの大切なお仕事、それは毛づくろい。
昼間のユウユウ1

他所のレッサーパンダ達も身体を掻いたり舐めたりしてグルーミングしていますが、ユウユウさんの毛づくろいの丁寧さは際立っています。

昼間のユウユウ2
茶色のトップコートの下に生えている灰色のアンダーコートを口ですくようにして毛並みを整えています。

ひとしきり毛づくろいが終わったので、竹の葉を食べに木から降りて来たユウユウさん。
昼間のユウユウ3

でも小枝一本分の葉っぱも食べないうちに、ブナ君が寄って来てしまった。
ブナ君の左側にある植込みの内側のちょっと先でユウユウさんが食べています。
昼間のユウユウ4
ブナ君もいちおう遠慮して(?)、植込みの外側で崖っぷちギリギリを歩いているのですが、やっぱりユウユウさんに逃げられてしまいました。

野毛山Zooで海君を見ていて思ったのだけれど、モテる雄は雌と程よい距離感を保っているよね。
やっぱりブナ君はそのしつこさを6掛けぐらいに減らした方がいいと思う。ラブコールも熱心過ぎると嫌がられちゃうみたいです。

ブナ君に追いかけられて木に上がったユウユウさんでしたが、以前と違うのは身を縮こまらせたりせずに木の上で遊んでいることですね。
昼間のユウユウ5
大きな木が2本に増えたお陰で、追われたらどちらかの木の上に逃げればいいし、片方の木から追われてももう一方の木に移動できるようになりました。
これもユウユウさんには良い方に作用しているようです。

さて、江戸川Zooの駅に近い方の門(レッサーパンダ放飼場に近い方の門)が3月いっぱい頃まで閉鎖になっています。
昼間のユウユウ6

何の工事をしているのかなぁ? 動物園の拡張工事だったらいいのになぁ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
> モテる雄は雌と程よい距離感を保っているよね
レッサーパンダに限らずですがまさにその通りですよね。
ブナには三頭も子をもうけたとは思えないほど不器用さを感じてしまいます (^-^;;

私が見た中で他パンダとの距離感がバツグンに良いと思ったのはブーブーとタケの二頭です。
ブナにビデオでも見せて学んで欲しかったりして…
2010/02/26(金) 20:34 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
ぴっぴさん
ホント、ブナ君に言葉が通じるならば言って聞かせたいところです。
それでも過去に繁殖実績があるということは、雌に嫌われ過ぎていなければ、雄の積極性如何で相性がそれ程良くなくても繁殖できるという見本でしょうか、このペアは。

ブーブーは展示にも繁殖にも貢献できて、それが頭がいいせいなのか性格がいいせいなのかは分かりませんが、他のパンダより少しだけ進化しているような気がします。
2010/02/27(土) 23:52 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/576-10dd5fd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。