東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がちょーんさんのブログで紹介されていた本を読んだら、ある時期の多摩Zooのレッサーパンダについて記述があったので、メモしておく。



個人的にはこの本、後半の飼育日誌の方に読み応えがありました。

2003年1月---
レッサーパンダの大放飼場には4~5年前に植えられたモチの木がある。昨年生まれのノノが上っており、しばらくすると父親のブーブーも登り出した。ノノはまだ足取りがおぼつかないが、必死につかまっていた。
(ブログ管理人コメント:今は旭山レッサーの大黒柱になりつつあるノノが。まだ多摩に居た頃の話。この頃はブーブーの後を、ノノとマグロが連なって付いて歩いていました。)

2003年8月---
寧々が白い粘膜状の糞を出している。続にパンダ病といわれる症状だが病気ではない。元来が肉食の動物であったものが、竹や笹などの繊維の強い植物を食べるようになって、腸の粘膜が変質して剥がれ、便になるようだ。その間、調子が悪くなる。

2004年11月---
ブーブーとキタロウが大放飼場でじゃれあっている。かなりきつそうなパンチなどをあびせる。餌の竹など見向きもしない。
(ブログ管理人コメント:まだブログのシステムが一般的ではなかったこの時期ですが、それでも多摩Zooによく通う動物園マニアの間で、この二頭のバトルは話題になっていました。)

2005年10月---
一ヶ月ほど前からレッサーパンダの放飼場の木の間に竹を通しておいた。その竹をブーブーがおっかなびっくり、腰が引けているようだったが無事に渡りきった。竹は滑るし、特に餌が付いている訳ではなかったが、結果は大成功。担当に寄ると、滑って落ちたのもいるとのことである。

2006年1月---
昨日は大雪。レッサーパンダは雪が積もると、その積雪を利用して柵街に脱出したがるので、展示を中止する。
(ブログ管理人コメント:積雪は動物園マニアには美味しいイベントですが、あまり積もり過ぎるとこのように展示中止になる場合もあるので、注意して出かけたいものです。)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/556-c844781d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。