東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大島公園動物園のレッサーパンダ舎。
飼育係さんが扉を上げて「琥太郎ー、琥太郎ー」と呼ぶと……

琥太郎「ボクのこと、呼んだ?」
琥太郎と対面1

檻のない琥太郎とのご対面です。

ここはキャットウォークの屋外放飼場側出口。
普段は琥太郎側の扉は下ろされていて、アイリちゃんだけがキャットウォークから屋外放飼場側の施設に下りることができるようになっています。
飼育係さんの御厚意でちょっとだけ、施設の中に入って撮影させていただきました。

扉を上げて名前を呼ぶと、琥太郎が顔を出しました。
やっぱり琥太郎は優しい顔立ちですね。

琥太郎「なぁに?(リンゴでもくれるのかな?)」
琥太郎と対面2

飼育係さんを見つめる琥太郎
琥太郎と対面3

飼育係さんをもっとよく見ようと身を乗り出した、その時……
琥太郎と対面4

「ん?」 こちらに気付く琥太郎。
琥太郎と対面5

琥太郎「(何だ、この人。ダッシュで逃げたら追いかけて来るかな。目をそらさず、ゆっくり後ずさりして逃げよう)」
琥太郎と対面6

そろーり、そろーり、とね
琥太郎と対面7

私に気づくや、目をそらさずにジワジワと後ずさりをして行ってしまった琥太郎。
不振な者に会った時、先制攻撃で威嚇したり、バッと身を翻して逃げないのは慎重な性格なのかな。
私に気付いた途端に態度が変わったのは面白いやら哀しいやらですが、檻越しでない琥太郎と会えたのは何より嬉しいことでした。

ちなみに写真を見て気付いた方もいるでしょうが、琥太郎の溜めフン場はここ、この扉の前なのでした。
キャットウォークではマーキングのせいで雫が降って来ることはあっても、固形物が落ちて来ることはないのだ。

これにて伊豆大島特集は、本当におしまい。
琥太郎と対面8

琥太郎、また来るからね。アイリちゃんに優しくしてあげるんだよ。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/523-bf227d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
パンダくんの気になるサイト。 『月刊パンダ』というサイトには、 ジャイアントパンダとレッサーパンダのことが 低学年の小学生にも分かり...
2009/10/09(金) 14:14:47 | 大好き!!パンダぐっず
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。