東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日から二回に分けて、大島公園動物園をご紹介します。
って、本来なら先にやれよって?
今日と明日はレッサーパンダはシッポの先っちょも登場しませんよ。

「琥太郎ー!元気だったかー」と叫びたくなる、伊豆大島。
伊豆大島を海から

動物園は写真の島の左端あたりにあります。
船が着く元町港は島の右側を回り込んで、動物園とは反対側にあります。

動物園事務所
動物園の入り口脇にある事務所。
遠征して来た者にとって、実は大変ありがたいコインロッカーがあります。宿泊の荷物をここに入れて、身軽になって動くことができます。
貸し傘、車椅子もあります。ちなみに園内は車椅子でくまなく移動できるユニバーサルデザインです。

動物園入り口
大型のフライングケージ工事中のため、動物園入り口は移動して仮設のようです。
入り口は、ペットなどを連れて入ることはできないようになっています(盲導犬は可)。ペット禁止は、レッサーパンダファンには大変ありがたい。
そして今となっては空しいTOKYO2016ののぼり旗が……。

さて、途中はすっ飛ばして。

なかよし広場
なかよし広場(でいいのかな?)です。
なかよしメンバーはレッサーパンダと、ロバ、ブタ(ポットベリー)、ヤギ(シバヤギ)、ヒツジ(サフォーク種)、アヒル(コールダック)、カイウサギ、テンジクネズミの皆さん達です。
レッサーパンダの屋内展示室が写真センター奥になります。上にはキャットウォークが走っています。
屋内展示室から伸びたキャットウォークの行き着く先(写真右)は屋外放飼場と併設の小部屋(アイリちゃんが食事を貰っていた)です。

レッサーパンダ展示室
レッサーパンダ屋内展示室の正面。
左側がアイリちゃん、右側が琥太郎の部屋。アイリちゃんの方にだけ、キャットウォーク上り下り用の梯子があります。

琥太郎のガラス展示室
琥太郎の部屋は壁で前後に仕切られ、奥の間は横の方からガラス越しに中を見ることができます。
この部屋の中だけでも様々に動くことができるよう、アスレチックが設えてあります。

レッサーパンダ展示室前
レッサーパンダ展示室前の「なかよし広場」。
大きな屋根の下なので、例え雨が降っていても傘をささずにレッサーパンダ達を観察することができます。
ドリンクの自動販売機とベンチもあります。ハッキリ言って、居心地よすぎて長居しちゃいます。
ちなみに売店は動物園の外、椿資料館に併設されています。

レッサーパンダ放飼場
レッサーパンダ屋外放飼場。でもレッサーパンダは出ていない……。
予想していたより広くなく、江戸川Zooの放飼場と広さ的には似たり寄ったりか。
中型の樹木とアスレチック、東屋などが配置されており、つくづくここを動く琥太郎が見たかった。
レッサーパンダの放飼場は大木の木陰か、背後を高い岩や壁にして北向きというのが鉄板だと思う。

レッサーパンダ舎裏から
なかよし広場の裏手からの眺望。
たぶんキャットウォークからは、これに近い風景が見えるのだと思う。

つづきは明日。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/522-e32fe5fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。