東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩動物公園のレッサーパンダ大放飼場。
午後に開催される魅惑のリンゴタイムでは、エサやり以外にもいろいろやります。

リンゴを食べるその隙に5
リンゴが欲しくて飼育係さんの周囲を歩き回るブーブーおじちゃん。
換毛期なので尻尾の根元あたりに抜けた綿毛がチラホラと見えていますね。

飼育係さんはレッサーパンダにリンゴを食べさせながら、その間に身体を触り体型の変化や怪我をしていないかを確認します。
リンゴを食べるその隙に2
レッサーパンダをなでることができて、来園者から見ると羨ましい限りですが、ただ触っているだけではなかったのです。

レッサーパンダは臆病な気質の動物で、人の手が身体に触れることを好みません。
レッサーパンダは野生動物なので、こういうところはペットとは違うのです。

しかし飼育係さんはレッサーパンダ達の体調を確認する必要があります。
そこでどうするか。
レッサーパンダは好物のリンゴを食べている時はリンゴに集中するため、身体に触られても無頓着なのだそうです。
レッサーパンダがリンゴを食べるその隙に、素早く体調チェック。
普段は嫌がることでも気にならなくしてしまう程、レッサーパンダにとってリンゴは魅力的なのですね。

ブーブー「飼育係さん、もっとリンゴないの?」
リンゴを食べるその隙に3
ブーブーが飼育係さんの膝に身を乗り出してリンゴを探すその背後で、飼育係さんはブーブーの抜け毛をつまみながら解説してくれます。
「換毛期なので、こんなにバサバサと抜けるんですねー」
つまみ取った抜け毛がフワフワ~と飛んで落ちます。(動画に撮ったつもりだったのに、操作ミスで取れてなかった~。号泣……)

ブーブー「飼育係さん、何しとるん?」
リンゴを食べるその隙に4

やっとリンゴを貰って、満足顔のブーブー。「飼育係さん、いろいろとありがとな」
リンゴを食べるその隙に1

<番外編>HummingBird Maniax ~ハチドリ・マニア~
多摩Zooの昆虫生態園のドームでハチドリを探すなら、ネクター(砂糖水)の入ったハチドリ専用のフィーダーの周囲を探すのが手っ取り早い方法です。
しかし、ハチドリが花の蜜を舐める本来の食事風景を見てみたいもの。
先日その姿を初めて撮影することができました。

ハミングバード・マニア4

東京都の広報ページに、多摩動物公園のハチドリ飼育の経緯が掲載されています。
一旦は繁殖にも成功したものの、三年前の夏に遂に1羽もいなくなっていたのですね。
昨年夏に来園した個体達が元気で増えてくれることを、心から祈ります。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/454-953892fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。