東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
甲府市遊亀公園附属動物園の若者レッサーパンダ、茶太郎君とクゥちゃん。
今は一頭ずつの展示ですが、動物園のホームページによると、今年の冬にはこの二頭を一緒にする予定なのだとか。

さて、この二頭。どのようにして見分ければいいのでしょう?

割と似ている2頭4

↑茶太郎とクゥちゃん↓

割と似ている2頭3

二頭とも丸顔だし、レッサーパンダを見分けるポイントとなる顔の模様も、割と似通っています。

そりゃこのブログに来るようなマニアの人達が見れば全然違う二頭ですが、レッサーパンダを全然見た事がない一般のお客さんにもよく判る違いはないかしら。
ツリ目が茶太郎で、丸くてちょっとタレ目に見えるのがクゥちゃん。
動きが素早く時々爆走しているのが茶太郎、おっとりしていて動きがゆっくりなのがクゥちゃん。
両目の間の白い部分が凹なのが茶太郎、凸なのがクゥちゃん。

背中や尻尾にも見分けるポイントがあるといいですね。
他にも何か見つけたら、教えてください。

それじゃオマケで、もう一枚ずつ。

割と似ている2頭1

↑茶太郎とクゥちゃん↓

割と似ている2頭2
それにしてもクゥちゃん、カワイイよクゥちゃん。

さて、どうして今更、個体を見分ける話を書いているかというと、レッサーパンダを日頃じっくり見ることなんてない一般のお客さんには個体識別って難しいんだなと最近痛感している次第なのです。
身体の大きさの違いは二頭が並んでいないと比較は無理だし、ツリ目タレ目も我々マニアの人には一目瞭然でも、一般のお客さんにはそもそも標準的なレッサーパンダの目が判らない。

レッサーパンダの個体の違いを説明するには、どんなポイントを上げるといいのでしょうね。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
しもぶくれなもふもふ系ぱんだ、大好きです。それが2頭も揃うなんて、奇跡の動物園ですね>遊亀公園。本当に、何度みても2頭とも可愛い。特に、くぅちゃん可愛いよくぅちゃん。もう可愛いしかコメントが思い浮かびません。
2009/05/20(水) 20:53 | URL | かみや #nGdA3O4A[ 編集]
かみやさん
茶太郎とクゥちゃんは外見は同系統なのに、行動が真逆なのが面白いです。
この二頭のペアリングが成功して、もふ系パンダが沢山生まれるといいですね。
でも本当にそうなったら、甲府に通うための交通費をどこから捻出しましょう?
2009/05/21(木) 00:29 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/436-1c7e4b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。