東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「あ~、ケツがかゆい(ポリポリ)」
多摩のホープ1

と、まるでお尻を掻いているようなポーズをしているのは、多摩動物公園のレッサーパンダルンルン君。
ちなみにレッサーパンダが自分の身体を掻く時に使うのは、基本は後ろ足ですよ。
前足は背中やお尻をかき寄せる際には使うけれど、人間みたいに手(前足)だけで身体をボリボリと掻いたり頭を掻いたりはしないはず。

多摩のホープ2
キリリとしたルンルン君。ちょっとお父さんのタンタンに似てきた?(2009年3月下旬撮影)

春の繁殖期の頃、ルンルン君は左側の展示場にいました。
そこで中華美女(中国生まれだから)のかぐや嬢と一緒に暮らしていました。

貴重な中国血統を後世に繋げるべく何頭もの雄レッサーがかぐや嬢の旦那様候補に選ばれたのですが、なかなか気が合う相手に巡り会えませんでした。
そこに登場したのが二才に満たないヤンチャなルンルン君。

無邪気で元気なルンルン君に、難攻不落のかぐや嬢もタジタジ。
でも今まで見たことがないくらい、かぐや嬢もイキイキとしていました。
これは来年の繁殖期には期待していい?

だからルンルン君はホープなのです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/423-5d6b42e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。