東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物からは我々の姿はどのように見え、どの色は認識できず、人間には見えないどんなものが見えているのか。

例えば、犬の色覚は霊長類ほど発達していないため赤は認識できないとか、牛は色盲なので白と黒と灰色しか区別できないとか、そんな研究結果が明らかになるたびに驚かされます。
ただしそのような研究が進んでいる動物はペットや家畜だったり、一部のメジャーな野生動物のみで、レッサーパンダが何色を認識できないかなんて研究はまだ発表されていないと思います。

ちなみに江戸川Zooのスタッフジャンパーの紫色は、ブナ君もユウユウさんもハッキリクッキリと見えていると私が断言しちゃいますよ。
他の動物園のスタッフジャンパーでレッサーパンダが反応するのは、どんな色があるのでしょう。

前置きが長くなりましたが、今回の記事はレッサーパンダの味覚について、一つの実験結果が明らかになったというものです。

WIRED VISIONのサイエンス&テクノロジーのカテゴリー、4月16日の記事から。
甘みがわかる動物、わからない動物:Firefox(レッサーパンダ)は?
(↑クリックで新しいウィンドウが開きます。記事内に掲載されている写真がやたらめったら可愛いです。)

以下、本文の概要です。
 フィラデルフィアのモネッリ化学感覚センターの研究者グループからの最新報告によると、レッサーパンダ(ネコ目(食肉目)レッサーパンダ科)は砂糖の代用品を好むという。

研究者たちは、味覚遺伝学の研究の一環として、フェレット(イタチ科)やジェネット(ジャコウネコ亜科)、ミーアキャット(マングース科)、マングースといった動物園の動物たちに、ただの水と、天然糖か人工甘味料で甘くした水のどちらかを選ばせた。[全てネコ目]

ライオンたちは人工甘味料には寄り付かなかった。これは驚くことではない――これまでの研究から、ネコ科の動物は味蕾遺伝子の欠陥が原因で甘味をまったく感じられないと考えられている。だがレッサーパンダは人工甘味料(アミノ酸由来の人工甘味料で、甘味は砂糖の約200倍)で甘くした水をガブガブと飲んだ。

レッサーパンダの甘味遺伝子は、今回研究対象となったその他のすべての種と異なっているようだ。

なお、ネコ目イヌ科に属するイヌは、糖を感知する味覚細胞(味蕾)があると考えられている。

記事自体の書き方がまぎらわしいのですが、この研究はレッサーパンダが「砂糖ではなく砂糖の代用品を好む」ではなく、「砂糖だろうと砂糖の代用品であろうと、甘みを好む(あるいは甘みを感じることができる)」という内容です。
あと、私は猫を飼ったことはないのですが、甘いもの好きな猫っていますよね?

猫の話はともかく、レッサーパンダの味覚について自分たち人間との違いなんて、深く考えたことはありませんでした。でもレッサーパンダが甘味を感じられないなんてことは、十中八九ないですよね。
だってレッサーパンダ達のあのリンゴへの執念は、まさしく甘~いリンゴに向けられていると思われますから。

逆にレッサーパンダが甘味を感じられなかったとしたら、動物園での目玉の一つである「魅惑のリンゴタイム」が成立しないかも知れません。
レッサーパンダの魅力の一つには、味覚細胞が関連していたというお話でした。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
初めまして^^
興味深く記事を読ませて頂きました。

我が家には猫が7匹いますが、甘いものが好きです。
無糖と加糖のヨーグルトでは、後者を好むようです。
猫は甘みを~の研究の話を聞いた数年前に
同じく猫と暮らしている数人にどう思うか聞いたところ、
みな口をそろえて
「猫は甘いものが好きだよ」という結論に至りました。

この実験の仕方に問題が…、なんてこと
ないでしょうかね^^;

2009/11/13(金) 01:13 | URL | 名の。 #6v49J9TI[ 編集]
名の。さん
初めまして。ようこそお越し下さいました。

この記事を書いた後、何人かの友人知人からも「我が家の猫は甘いもの好き」という情報をいただきました。
同じネコ目に属する動物とはいえど、人間を必要としない野生動物と人間のパートナーとして生きる動物とでは、また話が違うのかも知れませんね。

その後、このニュースに対しては世間で大した反応もなかったことを考えると、今回対象となったレッサーパンダ以外の動物では、まだ検証中で結論の出ていない研究なのかも知れません。
2009/11/14(土) 14:00 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
追記
今、元記事を見に行って、興味深いコメントを見つけました。

complex_catさんのコメントを転載させていただきます。
「果実などを利用する雑食性の分類群では甘みはカロリーに直結するセンサーなのである程度は機能するはず。
 肉食性の先鋭化が進んでいる分類群は甘味は無縁になるだろう。
 馬も糖度には敏感でだから人参大好き。」

ネコ目に属する動物が、というより、日頃の食物の種類に関係がありそうですね。
野生のレッサーパンダの映像で、ブルーベリーのような実を順番に食べている様子を見たことがありますが、果実は多くの個体にとって好まれる食物のようでした。
人間の私は甘さは嗜好と結びつけられますが、自力で食物を調達する動物には甘さはカロリー(命をつなぐもの)なのですね。
2009/11/15(日) 01:12 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/416-960ba56e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。