東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
既出だったら済みません。
YOMIURI ONLINE(読売新聞)で「生きもののうた」という多摩動物公園の動物に関するコラム連載を見つけました。(2007年8月下旬短期連載、全10回)

我らがレッサーパンダは(2)双子見守る教育係で登場。
誰に関するコラムなのかは記事を読んでのお楽しみです。

本文よりコピペ。
 「(教育係さんは)子どもたちをいじめたり、追い出したりすることはせず、じゃれ合って遊ぶ子ども好きの“おじさん”だ。」

いいよね~。福々しくて愛らしい姿のレッサーパンダにはこういうのが似合うよね~。
私も江戸川Zooのレッサーパンダに関して、こういう描写ができるのを夢見ていた時期があったよ。

教育係ブーブーおじさん
飼育係さんに頭をグワシッとされる教育係さん。
ブレブレだけど、ちゃんと撮れてる写真よりこっちの方が表情が面白かったので、見辛くて済みません。

多摩動物公園のレッサーパンダ放飼場は正門から直線距離で約750メートルなのだそうだ。でもあの道のりを直線距離で行けるのは鳥だけだよねー。
最短コース(勾配あり)で何メートルなのか、是非誰か計測して欲しい。
開門と同時にレッサーパンダ放飼場までダッシュ……はムリだから早歩きで移動するのは、けっこうハードです。どんなに頑張っても10分以上かかるよね。
正門では雨でもユキヒョウやレッサーパンダのいる辺りは雪が降っていることもあるんだって。

気弱な青年ジョウロ君
一方こちらはニホンコウノトリのジョウロ君。

同じく「生きもののうた」で(3)ジョウロ君の恋は…というタイトルで紹介されているジョウロ君。
人工くちばしでも羽づくろいだってやれてるじゃん。

初めて見た時にはキャシャーンの白鳥ロボを連想してしまったけれど、名前の由来と人工くちばしを装着するに至った経緯を知り、陰ながら応援していました。
でもその嘴ゆえに気弱な性格になっていたのですね。
いつの日かジョウロ君が「オレだってクラッタリングできるじゃん」と気付き、積極的に恋人を探せるようになる日を願っています。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/19(金) 02:14 | | #[ 編集]
教育係さんの顔、「むむっっ?!」という感じで何となくおかしいw
どの世界にも、子供に寛容な人間っているんですねえ。って、人間じゃないか…。最近、親しみが湧きすぎてレサパンのことを近所の人ぐらいな目で見がちな自分。擬人化はいけませんやね。
2007/10/19(金) 19:44 | URL | かみや #nGdA3O4A[ 編集]
飼育係さんとお話しさせて頂く時にいつもブーブーの事を保父さんと離しているのですが、本当に子どもの面倒見が良い温厚なおっちゃんですよね。
各地の仔レッサーパンダを集めてブーブーに育てて貰いたかったりして。
2007/10/20(土) 13:28 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
「鍵」コメントさん
ブーブーの素晴しい性質は動物番組などで特集を組んでほしいぐらいですよね。
普通の雄パンダとはどのように違うのか比較して出して貰えると、本来のレッサーパンダの性質も分かって二度オイシイと思うのです。
2007/10/23(火) 12:23 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
かみやさん
飼育係さんがブーブーの頭に手を置いても、ブーブーは逃げないというのがまず凄いと思います。
ブーブーの場合、他の個体より擬人化しやすい特長が多いんですよね。
世話好きな性質然り、リンゴタイムで飼育係さんとジェスチャーで意思疎通しているところ然り。
上体を起こして座っている姿なんて、ちょっと猫背のオヤジだもんねぇ。
2007/10/23(火) 12:28 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
ぴっぴさん
YOMIURI ONLINEの記事でも「ブーブーの行動を真似しながら子パンダ達は育っていく」と書いてありましたし、ブーブーの世話好きな性質を皆が受け継いでくれたら動物園も個体の展示ローテーションに頭を悩まさずに済むようになるかも?
そして今年の年末頃から本当に多摩の大展示場では5頭のレッサーパンダ達が見られるようになるか、注目して待ちたいと思います。
2007/10/23(火) 12:34 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/312-4284bae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。