東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国重慶市では今月16日から19日まで記録的な豪雨に見舞われたとのことですが、重慶動物園でも水難に遭ったレッサーパンダがいたそうです。

同園の熊猫館は園内でも地形の低い場所に建てられており、午前中からの暴雨のせいでレッサーパンダ館は約1.5メートルの高さまで水が来てしまい、6頭のレッサーパンダたちは驚いて樹上に非難したとのこと。午後になり雨は止んだもののレッサーパンダ達は木から下りてこようとせず、閉園後も樹上で呆然としていた。いつもならとっくに自分の寝部屋に戻って夕食を食べている時間になっても木から下りてこないため、飼育係が笹を持って一頭一頭の名前を呼びながら下りてくるよう促した。二時間あまりが経過した午後9時半、6頭は遂にゆっくりと木から這い下りてきた、とのことでした。

また、まだ1歳になっていないジャイアントパンダの友友の檻にも水が入り、檻の上の方へよじ登って飼育員が救助に来るのを待っていたとのこと。安全な場所に移動してからも必死で飼育員にしがみついて放そうとしなかったらしい。熊猫館ではこのような災難は初めてとのこと。

浸水してしまったレッサーパンダ館は園内の木が水位より高くて良かったですね。また怯えたレッサーパンダ達を無理やり木から引き剥がしたりせず、二時間も辛抱強く誘い続ける飼育係さん達の頑張りには頭が下がります。

先月は走行車両から落ちたとみられる不審な箱が路上に転がっていたので開けたらレッサーパンダが1頭入っていた(犯人不明)とか、今月も沁陽市天鵝湖生態園で3頭のレッサーパンダが盗まれた(7/6午前3時に盗難、翌7日午後5時犯人逮捕、同日午後11時レッサーパンダ帰宅)とか、相変わらずありゃりゃな話題に事欠かない中国のレッサーパンダ事情です。
箱を開けたらレッサーパンダ事件、箱を落としていった車は他に何を積んでいたのかが非常に気になるところであります。あ、箱の中のパンダは無事だそうですので、ご安心を。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
突然のことで、レッパンはさぞびっくりしたことでしょうね。
水に浸かるとと、黒い毛は、浸水しちゃうでしょうか。
やっぱり木は必要なんだわ。
市川の長屋で浸水なんてことになったら、心配だわぁ。
2007/07/23(月) 22:16 | URL | いまちゃん #wb.gbiOU[ 編集]
高い(そして6頭登れる)木があってよかったですね~
日本でも沢山の動物園でレッサーが飼育されていますが、
台風の時などは心配です。
それにしても中国って、レッサーを商品として闇で売ってるのでしょうか? 怖い国です。
2007/07/24(火) 23:33 | URL | hide #ap6xNNEE[ 編集]
いまちゃん
重慶の豪雨は歴史的規模だったらしいので、滅多な事では放飼場や展示室が冠水することはないでしょうが、レッサーパンダが食事時間になっても下りて来ないなんてショックは大きかったのでしょうね。
市川の長屋はとりあえず屋外展示場の方は天井まで網を上って上れるから、余程の事がない限り大丈夫そうですが、1号舎の屋外の低地の水はけはいいのでしょうか。
2007/07/25(水) 23:54 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
hideさん
確かに6頭が全員高い枝に上れないと、悲しい事になってしまいますね。
今回の新潟中越沖地震もそうですが、天災に見舞われた土地で人間の手を借りないと生きていけない動物たちはどうなっているのかが気になります。

中国はどこかの地方で鼠が大発生しており、それは鼠の天敵の蛇を人間が食用にしてしまったからではないかという意見を中国のニュースサイトで読みました。
その記事を書きながら記者の頭をよぎったのは以前ご紹介したレッサーを食べた事件だったそうで、動物愛護の精神が人々に普及しないと先進国家の仲間入りはできないと書かれていました。
かの国には意識の高い人もいるのですが……。
2007/07/26(木) 00:05 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/262-4aebcd51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。