東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の記事で取り扱っている訃報は4月26日付けの『ISHIKAWA ZOO TIMES』(いしかわ動物園のメールマガジン)に記載されていたのですが、琥太郎の引っ越しとGW企画のためにご紹介するのが遅くなってしまいました。

4月19日の朝にいしかわ動物園のオスのレッサーパンダ、ヨンヨンが息をひきとっているのが発見されたそうです。

見事な立ちっぷりのヨンヨン
3月中旬に会ったばかりだったヨンヨン。
足腰も丈夫に見えたのですが、3月下旬あたりから調子をくずしていたそうです。
でも最期に苦しんだ様子はなかったというのが幸いです。

ハンサムなヨンヨン
ヨンヨンは毛の色が濃くて、顔立ちのハッキリとしたハンサムなレッサーパンダでした。
黒い毛がジャイアントパンダのように背中でつながっているのが特長でした。
下の写真で背中の毛色がよく見て取れます。

マーキングするヨンヨン
3月に見た時には熱心にマーキングしていたし、奥さんのルンルンに向かって恋鳴きもしていました。
最近はご長寿レッサーパンダが増える中で、享年12才というのはちょっとだけ早かったかも知れません。

おねだりヨンヨン
お食事タイムで飼育員さんからリンゴを渡されるのを待っているヨンヨン。

お食事タイムではずっとお客さんの前にいて、飼育員さんから貰ったリンゴを立ったまま食べたりしていました。
ヨンヨンは姿勢が安定していたので、レッサーパンダの身体の仕組みや足の裏について飼育員さんが説明する時もモデルを務めていました。
息子のタンタンが父親のヨンヨンの代わりを務められるようになるまで、どのくらいかかるかな?

毛並が綺麗なヨンヨン
ヨンヨンの全身像。
立派な体格で毛並もピカピカでした。
姿形の良さは息子のタンタンにしっかりと受け継がれました。
タンタン以外には娘が三頭いるのだそうです。
孫にはズーラシアのガイア君とか、埼玉のポリンちゃん、野毛山のチップ君、宮崎フェニックスのフランツさんなど多彩な顔ぶれが揃っています。
ヨンヨンの面影が残っている孫やひ孫も沢山いそうですね。

さようならヨンヨン
「じゃあね!」とご挨拶。

亡くなる前日の様子まで我々が伺い知ることができるケースは稀ですが、レッサーパンダの訃報を目にする度に思うのは、動物はギリギリまで自分が弱った姿を見せないものなんだなぁということです。
その頑張りは動物たちの身近で世話をする人達にとっては逆に辛いことだと思います。
我々のようなただの客は遠くから悼むことしかできませんが、せめて亡くなった個体の子や孫、ひ孫の行く末を見守っていきたいと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/216-83d640e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。