東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
多摩動物公園。ん、誰? これ。

モリモリ緑太郎
向かって左側、ガラス張りの展示場で朝食の笹をモリモリと食べているのは、緑太郎(リュウタロウ)でした。

丁度今から四年前の2002年11月、初めて姿を見てから今まで多摩Zooの中で唯一、顔がよく分からないレッサーパンダが緑太郎でした。
ちなみに2002年11月の多摩Zooといったら、緑太郎&花々にはタンポポちゃん、タンタン&イクラにはカツオとマグロ、ブーブー&寧々様にはノノとナミちゃんという合計5頭の赤ちゃんレッサーパンダが展示場デビューをしたばかりの頃です。
2002年の赤ちゃんの名前募集要項(あらためて読むと、とても面白いです。例:「ハマチ」「マグロ」「サンゴ」「シジミ」「アサリ」って、いったい何の名前?)

緑太郎アップ
緑太郎って、こんな顔だったのですね。

ここ三年間、そしておそらくはもっと前から緑太郎が暮らしていたのは、多摩レッサー舎の中央の展示場でした。
そこは薄暗さとガラスで写真撮影の難易度が高い上、緑太郎自身が奥に隠れてなかなか来園者の近くに来なかったため、写真として残ることもなく緑太郎の印象は薄くなるばかりでした。
なまじ子供達が愛くるしいタンポポちゃん、茶太郎・黄太郎ブラザーズ、サクラとスミレ、ヒマワリちゃんと個性派揃いだったので、パパはよけいに霞んでしまっていたのでした。

しかし、タンタンの病気療養という思いがけぬハプニングの影響を受けて、ここ数ヶ月は緑太郎がタンタンのいた左側展示場に登場することになったのでした。

ぐいぐい登ります
登る、登る、登る。

ここを登りました
緑太郎が登っていったのは右下から木の上の方に向かって渡された細長い棒です。
中央の幹を登ればいいのに、どうして手がかりも足がかりもないこんな棒を登ってしまうのか、緑太郎。
しかもスイスイと登ってしまった。(写真中央下、地上で笹を食べているのはカグヤさんです。)

実は運動神経がメチャメチャいいのか?緑太郎。
中央展示場の来園者から見えない所には、実は難易度の高いアスレチック設備でもあるのか?
そこで日夜トレーニングに励んでいたのか?

緑太郎よろしく
存在感と比例して、顔も地味目な緑太郎ですが、今後ともヨロシクお願いします。
実は緑太郎とは私は誕生日が一緒のうえ、小柄なところも地味なところも共通しているので、他人とは思えないのだ。でも他人だけど。
というか緑太郎は人間じゃないけど。

※なお、緑太郎の顔見せに協力する形となったタンタンですが、現在はすっかり元気になっているそうです。
ただし、治療のため顔の毛を剃られた部分がまだ元に戻っていないため、展示は見合わせているとのこと。
これから冬毛がどんどん生えて来るから、来年あたりから復帰するのかな?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ほえ~。茶太郎?黄太郎?と思ったらお父様でしたか。似てる…。
2006/11/11(土) 10:15 | URL | かみや #nGdA3O4A[ 編集]
私は緑太郎の画像は1枚もありません。子ども達は、あるのにねぇ。
細い棒の方が、登り味?がちがうのかな。降りる時は、どっちから降りるのかな。なんか、ミッションインポッシブルみたい。
2006/11/11(土) 10:53 | URL | いまちゃん #wb.gbiOU[ 編集]
言われてみれば緑太郎が見れるのは久々かもしれないですね。
そして太郎シリーズはここから始まりました。(もう○○太郎は限界かと思いますが…)
誕生日が一緒のレッサーがいるのってうらやましいです。
私は8月なので、まず出てこないと思います。
2006/11/11(土) 12:37 | URL | hide #ap6xNNEE[ 編集]
緑太郎くんって寧々さんに似てませんか?
初めて生でお顔をマジマジと見れた時にそう思いました。
小柄なところも…

ファニーな寧々さんって感じ(^m^)
2006/11/11(土) 21:27 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
緑太郎くん。地味でもいいんですよ。誰かしら知ってくれていることが大事ですしね。

2006/11/11(土) 21:56 | URL | itoken #JalddpaA[ 編集]
かみやさん
やっぱり似てますよね、茶太黄太ブラザーズに。
あのブラザーズも両親の顔の特徴を絶妙にブレンドした顔つきだったことが、今更判明。
2006/11/12(日) 11:27 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
いまちゃん
トム・クルーズが映画の中で見せた超絶技も、レッサーパンダが演ればカンタン!なんてね。
緑太郎が木から下りて来るのを待ったのですが、そのまま木の頂点で昼寝タイムに突入してしまい、下りて来る姿を確認できなかったのです。
その後は木登りする姿を見せる事もなく、ずっと地上にいた緑太郎なのでした。
もしかして数年間も天然の樹木に登る機会がなかった緑太郎は、加工された丸太の方に馴染んでしまったのかなぁ。
2006/11/12(日) 11:32 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
hideさん
レッサーパンダと同じ誕生日だと喜べるのは、6,7月生まれの特権ですね。
しかし私も7月下旬で出産ラッシュの時期からは外れているので、リュウタロウ&リュウノスケ兄弟しかいません。
○○タロウシリーズが限界なら、原点(リュウタロウの父親のリュウリュウ)に戻ってリュウ(緑)シリーズは如何でしょうか。
2006/11/12(日) 11:38 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
ぴっぴさん
そうなんですよ!
寧々さんの面影がバッチリ残っていると私も感じました。
目の辺りや口を開けたところは特によく似ていますね。
寧々さんの子供の中で最も似ているのではないでしょうか。
もっとも寧々さんの前の夫との子供はともかく、ブーブーとの間に生まれた子供の場合はブーブーの遺伝子か濃すぎて太刀打ちできないという話もありますが。
2006/11/12(日) 11:44 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
itokenさん
チラシやポスターをデザインをする時も、緑色はインパクトが薄いからメインカラーにはできません。
って、緑太郎とは関係ないか。
本人の印象は薄くても、チャタキタやフィンフィン(タンポポ)のパパという点では存在感はバッチリですもんね。
2006/11/12(日) 11:47 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
緑は確かに、茶・黄に比べたらインパクトは薄いですねぇ…。

でも親としては子供が立派に成長してることが大事じゃないですかね(笑)
2006/11/12(日) 20:57 | URL | itoken #JalddpaA[ 編集]
itokenさん
確かに、どの子も立派すぎるぐらい立派に育ちました。
緑太郎、よかったねぇ。
2006/11/15(水) 14:18 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/133-43e06bfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。