東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月になりましたね。
しかし管理人はまだ夏休みの宿題を提出していませんでした。

そんな訳で今週は、管理人が7月下旬に訪れた北京動物園の話題をお送りします。
北京動物園正門
ありふれたと言えばあまりにありふれた、どんなガイドブックにも載っている北京動物園の正門の写真。
石の門は、どこの遺跡から運んで来たのかと疑いたくなる程の重厚さが特徴です。
そして何が凄いって、開園時間が朝の7時半。
中国は朝の行動開始が早いところが好きだ。

北京動物園は入場料の他にジャイアントパンダ館や海洋館は別料金となっておりますので、ただ「大人一枚」と言っちゃうと全館込みだったり入場料だけのチケットだったりするかも知れません。
自分の目的に応じたチケットを購入しましょう。
ここで管理人は「動物園と大熊猫館!」と言って、入場料+パンダ館のチケットを購入。
ちなみに入場券だけで動物園内に入っても、それぞれの施設の前で代金を支払えば施設に入場可能ですのでご安心下さい。

更にちなみに、パンフレットは正門近くの旅客服務センターで購入できます。
動物園内は広いので、パンフレットがないと効率よく動き回る事ができません。
限られた時間しかない旅行者には購入をお勧めします。

北京パンダ館
先月ちょっと面白い事件が起こった、大熊猫館正面。
さすがジャイアントパンダ様は良い所にお住まいになっていらっしゃる。

面白い事件とは酔っぱらいがここのジャイアントパンダの放飼場に入り込み、パンダに噛みつくという一歩間違えば惨事になりかねない事件でした。
いくら可愛いといっても相手はクマだよ、クマ。
酔っぱらいに蹴りを入れられたジャイアントパンダが気の毒だ。

さて、とりあえず大熊猫館の前を通り過ぎ、私の目的はその奥にある小熊猫の放飼場なのだ。

北京小熊猫館
竹やぶに遮られて直接は見えないものの、大熊猫館のすぐ近くにある小熊猫館。
しかし、人気はなく扉は閉まっており中は暗い………。

北京レッサーパンダ館は入館できません
「謝絶参観」
もう見るからに入れない雰囲気です、アハアハアハ。

北京放飼場全景
小熊猫館の横に回り込むと、屋外放飼場があります。
日陰で埃っぽい様子ですが、真夏の日陰はありがたい。
レッサーパンダの展示場は「夏場は日陰」は譲れない条件ですね。
いえ人間のためでなく、レッサーパンダのために。

適度な草むらと大きな樹木が配置された放飼場……と思ったら、樹木の方は腹巻きされて木登り禁止になっとる!
レッサーパンダの放飼場には木登りして遊べる樹木が必須と常日頃から考える私としては、肩すかしを喰らった気分でした。

私がレッサーパンダ放飼場に着いたのは朝の9時頃。
パンダ達の姿は見当たらず。

北京出入り口
レッサーパンダ達が屋内から屋外放飼場へ出る出入り口。
日本の動物園でよく見られる鉄製の機械扉ではなく、木製ですか?
つくづく上記の酔っぱらい男が侵入したのがレッサーパンダの放飼場じゃなくて良かったです。

レッサーパンダの代わりに雀が水を飲んでた。

北京丸太の遊具
出入り口の横にある大きな丸太二種。
この写真から見て奥の方の丸太は通り抜けが出来なくなっています。
パンダ達は人間の視線から自分の姿を隠せるし、丸太の中に出入りする姿を見るのは人間にとっても嬉しい、一石二鳥の遊具兼休憩所ですね。

北京パンダ階段
放飼場は屋内に面した部分以外の三方を浅い堀に囲まれています。
お堀と上とを行ったり来たりできるよう、妙に豪華な石段(脇にオブジェ付き)まで配置してありました。

明日の記事はこの石段から始まります。

<本日の何じゃこりゃー!なオマケ>

北京の間抜けな案内板
レッサーパンダ放飼場に展示してある紹介ボード。
目新しい内容は書かれていないので、訳はしません。
何が凄いって、「小熊猫」のピンイン(ローマ字の綴り)が間違っていることです。
正しくは「XIAO XIONG MAO」。
どうぞ書き換えてあげて下さい。ついでに写真も張り替えてあげてください。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ここは中国でいう
日本の上野動物園みたいなところと思っていいですか?

レッサーパンダの説明看板
何を書いてあるのか
大体わかってしまうのに驚きました
なんとなく中国語が出来た気分(笑)
2006/10/05(木) 00:33 | URL | 笹の葉茶 #/aky1MRQ[ 編集]
笹の葉茶さん
北京動物園の前身である万牲園が開園したのは1906年、北京動物園と改名したのが1955年になります。
年間に国内外からの来園者が500万人あまりにのぼるという北京動物園は、まさしく中国を代表する動物園と言ってもいいと思います。
展示方法も新旧入れ替えの最中らしく、動物によって新しくなった展示場は広々とした豪邸揃いでした。
2006/10/05(木) 23:54 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/111-1fde44a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。