東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からYahoo!オークションに襟巻き加工されたレッサーパンダの毛皮が出品されています。→コチラ(開始価格は35万円)

<以下、カッコ内は引用>
「当然ながら現在は輸入禁止で入手不可能」
「登録票が無ければ、国内での売買、譲渡等出来ません」
「30日以内に名義変更が義務となります」
「『譲受け等届出書』の書類は商品価値にも影響されますので確実にご提出下さい」
「詳細写真 ←クリックしてスライドショーにてご覧下さい」

スライドショーを見ながら(一応見たんです)、泣いてしまった。
一つの命が毛皮のために失われたことに。
そのことを何の負い目も感じず、売買しようとしていることに。

商品の写真を見ているとね、本当にリアルなんですよ。
作り物じゃない手足と胴体の比率や配色、これを見ていると何年か前にはこの個体は中国の竹林を走り回っていたんだろうなぁって想像してしまうんです。
そして毛皮のために殺されたんだって。

出品者の商品説明は丁寧で詳細ですが、この事務的な商品説明は読んでいてゾッとします。
私が引用した部分、これだけ手間をかけなければこの毛皮を所有できないのはどうしてなのか。
それは希少価値の高い商品だから?
その希少価値は毛皮ですか、命ですか。
どうしてそんなに淡々と、商品説明をできるのですか。
あなたが価格を付けた35万円、それは何の値段ですか。

二年前~一年前のあたりで中国における野生のレッサーパンダ(生死を問わず)の密猟・密売のニュースが相次ぎ、胸くそ悪くなった時期がありました。
毛皮を売って金に換えるためだけに動物の命をためらいもなく奪う人民に対し嫌悪感も感じたし、どうしてあんな国の動物にハマッてしまったんだろうとジレンマにも陥りました。
でも、動物の命を金に換えているのは日本人だって同じじゃん!

毛皮反対運動とかそんな事は先鋭的活動家のやる事だと思っていたけれど、今回のオークションをきっかけに、ただお洒落のためだけに毛皮を身にまとう事について真剣に考えてしまいました。
オークションの出品者とそのお友達(本来の毛皮の持ち主)は出品を取り下げ、教育現場で用いられるように商品の体裁を整えて、しかるべき機関へ寄付して下さい。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~。
こういうの見ると本当地球にとって一番必要ないのは人間だなぁて自己嫌悪してしまいますね。
もっと兄弟(動物)達に優しくありたいですね。
2006/04/05(水) 00:48 | URL | 中山 #OjwIUdUc[ 編集]
寝る前のネットパトロールできました。本当にびっくりすると体がざわざわします。特に最後の写真。顔まで見せるなんて…。あの義眼…。痛ましい。でも、ひどいひどいといっても、お命いただいて食べた後に、毛皮と皮を再利用するのは人間がよくやってきたこと。。。牛ならいくらでも繁殖するから殺していいのか。。。考え始めるとどうしていいか分からなくなります。
2006/04/05(水) 01:10 | URL | かみや #nGdA3O4A[ 編集]
あれを体にまとうなんて、吐き気がしますね。
毛皮を取るだけのために殺された動物たち。
他の動物の毛皮の写真集もリンクされたましたね。
ユキヒョウやカワウソ、クマ・・・
買う人がいるから殺す人がいるんですよね。。。
2006/04/05(水) 10:21 | URL | りお #6neE7fkQ[ 編集]
貧困に喘ぐ人が密猟に手を染めたとしても責めきれないものがありますが、毛皮であれペットであれ買う人がいけない!
物珍しさで手を出すのやめてくれないかしら、お金さえ出せば何でも買える世の中なのもなんだか…ですよね(-"-;)
2006/04/05(水) 15:19 | URL | ぴっぴ #mQop/nM.[ 編集]
誰でも自分が好きな動物が、こんな姿になったら悲しいですよね。でも買う人がいる限り、なくならないんですよ、絶対。価値基準の差です。私も豚が好きな人に「何で豚肉を食べるんだ!」と言われれば答えようがない。また、希少だから殺してはいけない、という考えは通らないとも思う。嫌だと思ったら、自分の出来る範囲で自分の意見を述べる、に留まるのではないでしょうか。
あー、しかし何でこんなサイト見ちゃったかなー(-_-メ)
2006/04/05(水) 21:12 | URL | hide #ap6xNNEE[ 編集]
あまりに、リアルです。
同じ人間として情けないです。買う人も売る人も。

私の母は朝の忙しい時でも、鮭を食べる時命がけで登って来たんだからちゃんと食べるのよ。v-412とよく言われましたよ。

2006/04/05(水) 22:00 | URL | いまちゃん #wb.gbiOU[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/06(木) 00:21 | | #[ 編集]
中山さん
さっきテレビで「足る事を知る」という言葉について語っているのを見ました。
消費できないものまで貯め込みたがるのは人間だけなんですよね。
それがなくても生きられるというような品物は、極力減らして暮らしたいものです。
2006/04/06(木) 00:52 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
かみやさん
私もあの最後の正面からの写真が最もショッキングだったんです。
商品の状態を詳細に見せる為の措置としては丁寧で結構かも知れませんが、見せている物が何かを考えると配慮に欠けた詳細写真の数々ではなかったかと思います。
動物の命を奪う事を突き詰めて考えすぎると虫も殺せなくなってしまいますから、私は「それが贅沢品かどうか」で線引きしています。
2006/04/06(木) 01:04 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
りおさん
あの出品を見た時に、もしもこの商品を入手する人がいるとしたら、入手してどうするんだろう?と疑問に感じました。
あれを身にまとって「お洒落~」という世界が、私の知らない上流社会にあったりするのかと。
本物の毛皮にステイタスを見いだすような価値観は、皆でせーので捨てたいものです。
買うなと言いたいです、ホント。
2006/04/06(木) 01:23 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
ぴっぴさん
森林伐採で動物の生息地が奪われたり現地住民の生活のために密猟があったりというニュースを目にする度に、その国の貧しさというもを考えさせられます。
人間や国家の思惑で必要な所に資金が回らず、自然環境や動物たちが犠牲になるのを見るのは歯がゆいです。
世のセレブな方々は率先して知的なお金の遣い方の範を示して欲しいものです。
自分の身の回りを飾りたてたり希少品を見せびらかす事だけに終始せずに。
2006/04/06(木) 01:46 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
hideさん
なれるものなら私は黒柳徹子になって、世間に訴えたいです。自分が生きていくのに必要のない毛皮は買うな、と。
確かに「希少動物かそうでないか」で動物の価値に線を引くのは恐い行為ですね。
私の中では食肉はダイレクトに自分の命に関わるものなので無駄にしたり腐らせたりしないという条件付きで必要、毛皮や象牙など贅沢品や嗜好品は代替品もあるし生きていくのには不必要だと区別しています。
そして投資するにしても、何かを犠牲にして得られる物ではなく、人間の技術を極めた工芸品などに価値を見いだせるようになりたいと思います。
私個人の考えで世の中の何に訴えかけられる訳でもありませんが、この問題について考え続けることは止めないつもりです。
2006/04/06(木) 02:11 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
いまちゃん さん
言い古された表現ではありますが、肉や魚を食べる時は感謝していただく。
というか、それしかできないですよねぇ。
友人が毛皮のハーフコートを来ていたので「あーら、ウサギ何羽分かしら?」と言って嫌がられたことがありますが、せめて毛皮を買うにせよ何の感慨もなく買うのは避けて欲しいなと思います。
もちろん買わないのが一番だと思いますけど。
2006/04/06(木) 02:22 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
「鍵」コメントさん
詳しい情報をありがとうございます。
他にも幾つかの団体に対してお伺いを立ててみたという方からもメールを頂いたりして、確かに個人主体で大々的な活動はできなくても、既存の団体に訴えるという手段は取る事ができるんだなと気付きました。
今回の出品物に対して感じる違和感が単なる感情的なものなのか、それとも何かの規制の対象となり得るのか、私なりに調べてみようと思います。
2006/04/06(木) 02:31 | URL | yo-co #w4Ib0zSU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://redpandamaniax.blog59.fc2.com/tb.php/11-608af87c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。