東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2013/101234567891011121314151617181920212223242526272829302013/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日の江戸川区自然動物園では、キーパーさんによるレッサーパンダのおはなしがありました。

おはなしの直前に付けられた竹の葉を、おはなし中にきっちり食べに来るブナ君。
ユウユウさんに比べると孟宗竹はそんなに好きじゃないらしいのに、美味しそうに食べるよね。
江戸川の赤い狩人5

それで何が不思議なのかと言うと、竹は放飼場の奥につけられるのでレッサーパンダ達は当然奥の方を向いて竹を食べ、放飼場の正面にいる来園者には背中を向けることになります。(写真は放飼場の横側から撮影しています。)

しかしブナ君はこのように↓、奥を向いて竹の葉を口に入れたら、振り向いて顔を来園者に向けて葉っぱを噛むのです。
江戸川の赤い狩人2

なぜそこで振り向くのか、ブナ君?
わざわざ顔を見せてくれるのは営業マン(営業パンダ)としては最高の顧客サービスだけれど、他所のレッサーパンダ達でそんな事をしている個体を見た記憶がないぞ。
他のレッサーパンダの行動を知れば知るほど、最も身近なブナ君の謎は増えるばかりです。

そして今回のおはなし中は木から下りてこなかったユウユウさん。
それでもヤマモモの葉っぱの陰から顔を覗かせるだけで絵になりますねぇ。
江戸川の赤い狩人4
はぁ~、ホントに美形レッサーパンダよねぇ。

[不思議なブナ君]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。