東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2012/0112345678910111213141516171819202122232425262728292012/03

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野動物園のレッサーパンダ放飼場に行ったことのある方で、上野レッサーズを撮影するならこの場所がオススメ!というポイントをご存じの方はいますか?
私がこう質問されたら、「上野ですか…(ため息)」ってなります。

昨日は用事があって昼過ぎから上野動物園に行ったので、チャオとアンアンにも会って来ました。
普段上野Zooでレッサーパンダを見る時は朝一番で動いているところを見て、昼頃には他の動物を見に行っていたので知らなかったのですが、12時~15時頃のレッサーパンダ放飼場はアクリル板の反射で内側が殆ど見えません。カメラで撮影どころの話ではありません。どの程度見えないかと言うと、アンアンの毛並みがフワフワか毛が抜けて細身になっているかが判別できない程、見えません。

アクリル板に映る木の影を利用しながら撮ったチャオ。
バッチリ目線を貰ったのに、アクリル板の反射が…。
都内の難所3

やっと全身が見えたアンアン。お腹から後方にかけて、けっこう換毛が来てますね。
都内の難所4

偶然が重なってカメラに収めることができたツーショット。
ほんの一瞬、わずかに出来た物陰に二頭が入ってくれました。
都内の難所2

いやー、本当に参った!
アクリル板の内側が見えるのは長方形の放飼場の短辺に当たる二か所からのみ。そしてレッサーパンダ達が樹上に上がっても日の当たる不忍池側に背中を向けることが多く、顔の向いている側に回ると逆光のため肉眼ですらよく観察できません。

そんな中で頑張った、本日のベストショット。
多くのレッサーパンダが成長していくにつれて黒くなっていく目の周辺と唇ですが、チャオは部分的に白いままです。
都内の難所5

繁殖期のためか、これまで行動しているのを見たことがなかった場所でアンアンは歩き回っていました。地面を奥から手前に向かって真っすぐ歩いて来てくれて、偶然その場にいたお客さん達は可愛らしいアンアンの表情をよく見ることができて大喜びしていました。
都内の難所6

上野はね、そこに居るレッサーパンダの素材は良いんだよね。
[都内の難所]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。