東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2011/051234567891011121314151617181920212223242526272829302011/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週訪れた上野動物園をザックリとご紹介。なお、本日の写真は全てコンパクトカメラによる撮影です。

陽に当たらない生活が長引いてレッサーパンダ達が病気になったらどうするのと、人知れず心配していた上野レッサーズの新放飼場がようやく完成したようです。
上野の新しい色々1

9時40分、イソップ橋下に到着。レッサーパンダ達は小屋の屋根の上で朝食中。
手前がチャオで奥がアンアン。
上野の新しい色々2

9:47、チャオは早々にタレレッサー化。
上野の新しい色々4

アンアンちゃんは水場に下りて水分補給。かなりタップリと飲んでいました。
水入れのバットから水を飲むより、放飼場を流れるせせらぎや石に囲われたちょっとした水場で水を飲む姿の方が、やっぱり見ていて和みます。
上野の新しい色々3

9:53、そろそろ二頭とも休憩の態勢です。
上野の新しい色々5

上の写真をよく見ると、アクリル板の上には電気柵のワイヤーが張られているのが見えます。
アクリル板の上部の各所に「電流注意」の注意書きが貼られていますが、なんと背の高い外人男性がアクリル板の上に両手を伸ばし、写真を撮っていました。そしてカメラがワイヤーに触り、バチッという音が。本人には衝撃はなかったようですが、もしかするとカメラはヤバいかも…。

まさかあの高さまで手を伸ばす人がいるなんて考えもしなかったので、これは動物園を責めることはできないと思いました。
しかし日本を代表する動物園で外国からの見学者も少なくないので、注意書きは英語も併記する必要を感じました。

小屋の屋根で昼寝をするアンアンちゃん。ここの屋根は居心地よさそうですね。
上野の新しい色々6

放飼場を上から見たところ。大きめの小屋が、入口を向かい合わせにして二つ設置されています。
かなり立派な小屋ですが、キーパーさん達の手作りだそうです。どこの動物園でも最近は、キーパーさん達の大工仕事の上達ぶりが半端ないです。
上野の新しい色々6

送風機付きの小屋に入って休むアンアンちゃん。
この日はまだ送風機は稼働していませんでしたが、それでも小屋の中は外よりも快適なのでしょう。
上野の新しい色々8

朝食後しばらくタレていたチャオ君でしたが、水場に下りてきてタップリと水を飲みました。
上野の新しい色々9

10:10、そのままもう一つの小屋の中へと入って行きました。
開園から40分、レッサーパンダ達は二頭とも四方を壁に囲まれた小屋に入ったので、来園者からは見えなくなりました。
上野の新しい色々10

上の写真で私の来ていた白いシャツがアクリル板にクッキリと写り込んでしまいました。まるで写りの良い心霊写真のようです。
ここでも写真を撮影するなら黒装束が必須ですね。でもアクリル板と人除け柵の二重ディフェンスで、撮影自体が難しそうですが。

寝部屋を設けず、24時間この放飼場で飼育するという予想外の新展示となった上野Zooのレッサーパンダ展示。レッサーパンダ達が脱走しないように注意しながら、今後も新しい展示への模索が続くようです。
[上野の新しい色々]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。