東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2011/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペットの毛でフェルトや毛玉ボールを作るというコンテンツを時々目にしますが、その度に「そこまでやりたいのかねぇ」と軽く思っておりました。

しかし先日、江戸川区自然動物園のレッサーパンダのブナ君のおケツを見ていたら、そんな飼い主さん達の気持ちが解ったような気がしました。
毛玉ボール1

「ここまで毛玉つけてたら、餌に夢中になっている隙にパパッと収穫して、毛玉ボールを作りたい」

そもそも毛玉ボールとは何ぞや?という方は、「毛玉ボール 作り方」というキーワードでググっていただけると、多くの飼い主さんがブログで記事をアップされています。ペットの玩具にしたり、アクセサリーに設(しつら)えたりしています。
作り方を簡単に書きますと、毛を軽く丸める⇒毛玉を水で濡らし泡立てた石鹸・洗剤を染み込ませる⇒両掌でひたすらゴロゴロ転がしながら泡を水で流す⇒泡が出なくなるまでゴロゴロしながら圧縮する⇒水分を軽く拭き取り乾燥、出来上がり。
ペットの玩具として毛玉ボールを作る場合は、石鹸・洗剤は使わず水だけで丸める方法もあるようですね。

ブラッシングなんか要りません。この毛玉を摘まんで取るだけでいいんです。
毛玉ボール2
おケツ周りの毛でいいんです。どうせ石鹸で洗うから。

この方からの毛玉の収穫は無理です。同じ日の写真なのに、個体によって違い過ぎます。
毛玉ボール3

こんな記事を書くと、「動物園の動物をペット化して見ている」とか何とかまたお叱りを受けそうですが、書いている私自身が実現不可能な夢物語と思っているので、あまり真剣なご意見はご勘弁ください。

おケツ写真ばっかり出して申し訳ないので、最後にブナ君のアップ。
竹の葉たべてウマ(旨)ーの表情を、久しぶりに見せてくれました。
ブナ君の右目は大丈夫かな?

しばらくは、レッサーパンダの毛玉を見る度に煩悩に囚われそうです。
[私を誘う毛玉]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。