東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2011/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旭山動物園レッサーパンダ放飼場前16:25。

ノノがゆっくりと吊り橋から下りてきました。
旭山レッサー閉園前01

サービスショット。個体説明では、ノノの性格は「気が強く頑固」だそうです。
旭山レッサー閉園前02

ノノの周囲への関心度の高さは雄のレッサーパンダらしいと思います。
旭山レッサー閉園前08

夕方にちょっとだけレッサーパンダの担当キーパーさんと吊り橋の下でお話しをしていたら、ノノが吊り橋からこぼれおちそうなくらいに身を乗り出してこちらを見ていました。この時、周りに人がいれば良い撮影タイムになったでしょうが、もはや殆どお客さんもいませんでした。

レッサーパンダ放飼場の地上部分は私には見どころが解らず仕舞い。やはりもうちょっと広さと起伏と植栽が欲しいところです。
旭山レッサー閉園前04

しかし放飼場の周辺には、レッサーパンダの前足と後ろ足の骨格標本と「種子骨」や蹠行性の足の形の解説、「リンゴ、サツマイモ、ペレット、竹の葉」の4種の食べ物別うんち見本など掲示物が数多くありました。首都圏のレッサーパンダ展示を思い起こしてみても、イベントなどでは骨の解説やうんちの実物を見ることはできますが、こんなに色々と常時展示されている動物園はなかったと思います。
[旭山レッサー閉園前]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。