東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2011/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
GW明けの旭山動物園、レッサーパンダ達がお昼寝を始めたところで園内見学スタート! 今日の記事も長いよ。
旭山ぐるっと一周01
丸くなってお行儀よく寝ているのは朝朝さん。

オランウータンのジャック。雄のオランウータンが高い所に上っているところは、これまであまり見たことがありませんでした。
旭山ぐるっと一周02

もぐもぐタイム時の雌のリアン。檻の外に貼りつけられたスライスバナナを上手に取っています。息子のモリトも同じことをしていました。
旭山ぐるっと一周03

旭山Zooの掲示物はどれもこれも熱い!
旭山ぐるっと一周06

どの動物園も詳しい掲示物が増えてきて、その場で全てを読破することはなかなか時間が許してくれませんが、できるだけ写真に撮って後で読むようにしています。でもこれだけオランウータンやホッキョクグマなど様々な動物の生息環境の危機を訴えてくれている動物園が、観光コースの中に組み込まれて園内滞在時間3時間程度が一般的になっている(※1)のは、何か心の中がモヤッとします。
(※1)園内滞在3時間というのは私が感じた印象で、公式の数字ではありません。ただ園内で見た修学旅行生の滞在時間や、旅行会社のパンフレットで見た滞在時間が3時間程度だったということです。

掲示物って活字で印刷されたものより、手書きの方が人目を引きやすいそうです。
旭山ぐるっと一周07

オランウータンの解説なら多摩Zooだって凄いゾ。動物の生息地に実際に足を運んで、その様子を掲示物にまとめたものなら、国際トラ年の時の野毛山Zooだって熱かったゾ。でも旭山Zooの各種解説は、本当に沢山あったなぁ。

オランウータンの生息環境を破壊して広げられたアブラヤシのプランテーションを通して得られるのがパーム油ということは知っているけれど、アブラヤシの実は初めて見たかも。記念にペタリ。
旭山ぐるっと一周08
[旭山Zooぐるっと一周]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。