東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
茶臼山動物園のレッサーパンダの森が、日経新聞サイトのランキング調査記事で3位に輝きました。
生態がよくわかる動物園 何でもランキング 日本経済新聞(2011/4/23付)

1.天王寺動物園「アフリカサバンナゾーン」(大阪市)
2.旭川市旭山動物園「あざらし館」(北海道旭川市)
3.長野市茶臼山動物園「レッサーパンダの森」(長野市)

天王寺動物園のサバンナゾーンは、木立の中を進んで眼前が開けたと思ったら息をのむような、圧倒的な植林の豊かさとそこに溶け込んだ動物達のゆったりとした姿が忘れられない展示です。その展示と並び称される、茶臼山のレッサーパンダの森。素晴らしい展示がきちんと評価をされていることは喜ばしいです。

さて、そんな素敵な茶臼山レッサーパンダ展示なのですが、私は今ちょっと困っています。
4月中旬の茶臼山動物園遠征写真をチェックしていたら、お外レッサーパンダ達の区別がつきません。あらためて、自分が放飼場の位置だけで個体を判別していたことに気付きました。写真でレッサーパンダだけを見ると、誰が誰だか判らないの。
慣れれば樹木の種類や枝ぶり、倒木の形などがヒントになって個体判別につながるのでしょうか、もうぜーんぜんダメ。これは展示個体数が多いことによる嬉しい誤算です。

前置きが長くなりましたが、私が皆様のレッサーパンダ・ブログを拝見してずっと会いたかった個体、それがスバル君です。
オレンジ色の男の子1
[オレンジ色の男の子]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。