東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もまだ、私の住む市は断水中。

特に海に近い埋め立て地の方は液状化現象、地割れ、水道管の破損、道路の隆起(バンパーより高くまで盛り上がっている個所もあり)で、診療関係も閉まっている状態です。
かのディズニーシーから水を運んで市内の小学校のトイレタンクに移し、トイレを市民に開放してくれるそうなので利用させてもらうつもり。
お風呂は職場の近くの銭湯を利用しています。

被災地のことを思えば、このくらい何ということはないですよね。電気が通っているから不便は殆ど感じません。
(上記のような状態なので、計画停電対象区域からは外されることになりました。)

↓支援の目処が立ちつつあるので、取り消します↓
また私の職場はアパレルメーカーなので、会社は公人として暖をとれる衣料(未使用の自社商品)を被災地に送るべく情報を収集していますが、日本赤十字では募金のみの受付とのこと。もし提供ルートについて何か情報をお持ちの方は、鍵コメントでご教示ください。もちろん、不要な物資が迷惑になることは認識しておりますし、生命維持に繋がる貴重な物資の輸送を押しのけてまで自社商品をねじ込むつもりは毛頭ありませんが、少しでも身体を温めることのできる衣料を提供できるルートがあるなら送りたいと社員同士で真剣に語り合っています。

そしてようやく今日の本題ですが、気になる被災地の動物園のこと。

日本動物園水族館協会のサイトに見舞金の受け付けの案内がありますので、ご紹介いたします。
トップページの下の方に「東北地方太平洋沖地震の被災園館支援について(お願い)」という項目がありますので、詳しくはリンク先のPDFファイルをご覧ください。

JAZAでは被災園館への支援飼料の輸送や、飼育動物の緊急避難などに動き出しているとのこと。被災した動物園・水族館を支援するために、見舞金の受け付けを開始したとのことです。(募集期間:2011年6月30日まで)

被災園館が一日も早く営業再開にこぎつけられるよう、願っております。
ちゃきちゃき動くせいで写真に撮れないブナ君

[できること]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。