東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2011/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312011/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有給休暇消化のため、今週はまるっと休みの私。それならば、と市民ボランティアに参加しました。私の住む市は今なお4000世帯で水道が、9000世帯で下水道が使えないのです。

震災ボランティアは力仕事だから女性が行っても邪魔になるだけでは?と思っていましたが、集合場所で作業のマッチングが行われ、私は簡易トイレ作成のチームに加わりました。力仕事ではありませんが、寒い体育館の床に座って凝固剤を袋詰めしたり段ボールに詰めたりと、たった半日の作業ですっかり筋肉痛になっちゃいました。
屋内の作業ですらこんなに身体を使うのですから、実際に東北で津波の後片付けのボランティアをやっている人たちの疲労はどれだけ大きなものかと、頭が下がる思いがしました。あと、体育館の床は冷たい!ハンパないっす。体育館を避難所にしている人たちには、マットレスなどの敷物が必須だと痛感しました。

なお、市民ボランティアの作業には液状化現象で噴出した大量の砂を土嚢に詰める作業がありますが、こちらはスコップで砂をすくうのは男性で、女性は土嚢を広げるという補助作業を行うそうです。ボランティアは自分の意思で行くのだから女性にも男性と同じような力仕事をしてもらう、ということはなさそうでした。明日は屋外チームに参加してみようかな。

月初の予定では今週の有休消化で動物園三昧のつもりだったのですが、行きたかった動物園は尽く休園中。そんな状況下でも開園してくれている江戸川区自然動物園は本当にありがたいです。

地震直後は余震のたびにフリーズしていたというユウユウさんも、今は無事に解凍されたようです。相変わらずキラキラオーラ全開で放飼場を巡回中。
震災から二週間3

なんとユウユウさんがニンゲン観察をしていました。
震災から二週間2

立ち止まることなく動き続け、止まったと思ったらニンゲン観察、とまるでブナ君になったかのような今月のユウユウさんなのでした。
震災から二週間1

[震災から二週間]の続きを読む
スポンサーサイト
三連休の初日と二日目はウェディング・ゴスペルの練習と本番で潰れてしまったけれど、披露宴の招待客が出席を辞退して関西や外国に脱出した中、新郎新婦にパワフルな歌を贈ることができて本当に良かった。
ゴスペルの仲間達の心意気も見事だったけれど、正装して披露宴に出席した方々も「出席するからにはシッカリ祝おう!」という決心があったと感じました。

近況欄にも書いたけれど、慶事やささやかな楽しみまでを過度に自粛する必要はないと思います。間引き運転でも電車は動いているのですから、都内動物園も開園時間を短縮してでも早く再開して、停滞している首都圏住民の行動と気分を循環させて欲しいです。

さて、今日こそは動物園に行こう(そしてついでに動物園の近くの銭湯に行こう)と思っていたら、あいにくの雨。
余震が続く日々でも、きっとブナ君は元気にしているだろうけれど。
震災一週間後の撮影のブナ

ユウユウさんがちゃんと食べているかを聴いてこようと思っていたのに。
キュルキュルユウユウ08

[晴れの日の写真]の続きを読む
今日もまだ、私の住む市は断水中。

特に海に近い埋め立て地の方は液状化現象、地割れ、水道管の破損、道路の隆起(バンパーより高くまで盛り上がっている個所もあり)で、診療関係も閉まっている状態です。
かのディズニーシーから水を運んで市内の小学校のトイレタンクに移し、トイレを市民に開放してくれるそうなので利用させてもらうつもり。
お風呂は職場の近くの銭湯を利用しています。

被災地のことを思えば、このくらい何ということはないですよね。電気が通っているから不便は殆ど感じません。
(上記のような状態なので、計画停電対象区域からは外されることになりました。)

↓支援の目処が立ちつつあるので、取り消します↓
また私の職場はアパレルメーカーなので、会社は公人として暖をとれる衣料(未使用の自社商品)を被災地に送るべく情報を収集していますが、日本赤十字では募金のみの受付とのこと。もし提供ルートについて何か情報をお持ちの方は、鍵コメントでご教示ください。もちろん、不要な物資が迷惑になることは認識しておりますし、生命維持に繋がる貴重な物資の輸送を押しのけてまで自社商品をねじ込むつもりは毛頭ありませんが、少しでも身体を温めることのできる衣料を提供できるルートがあるなら送りたいと社員同士で真剣に語り合っています。

そしてようやく今日の本題ですが、気になる被災地の動物園のこと。

日本動物園水族館協会のサイトに見舞金の受け付けの案内がありますので、ご紹介いたします。
トップページの下の方に「東北地方太平洋沖地震の被災園館支援について(お願い)」という項目がありますので、詳しくはリンク先のPDFファイルをご覧ください。

JAZAでは被災園館への支援飼料の輸送や、飼育動物の緊急避難などに動き出しているとのこと。被災した動物園・水族館を支援するために、見舞金の受け付けを開始したとのことです。(募集期間:2011年6月30日まで)

被災園館が一日も早く営業再開にこぎつけられるよう、願っております。
ちゃきちゃき動くせいで写真に撮れないブナ君

[できること]の続きを読む
まず最初に、被災地の皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。
一日も早くご家族の無事を確認され、行政の対応が行き届きライフラインを確保され、今の困難な状況が改善されて心休まる時を取り戻されますよう心よりお祈りいたします。

さて、断水でずっとお風呂に入れないので、葛西の銭湯までやって来たついでに寄った江戸川区自然動物園。

動物たちの食糧と水は確保できているとのこと。
本震のときは動物たちもかなり騒いだりワラビーは放飼場を跳ねまわったりしたけれど今は落ち着いていること、でもペンギンやオタリアなどのプールの水は日本海かというほど波立っていたことを伺いました。

我らがレッサーパンダ達はというと、本震のときに外に出ていたブナ君は特に変わりなくいつものように放飼場を巡回し、その後も何事もなかったかのように普通に餌を食べていたそうです。
一方のユウユウさんは本震でかなり驚いてしまったらしく、巣箱に籠って全く出てこない。甘いブドウで釣ろうとしてもなかなか食べようとしない。口元まで餌を持って行ってやっと食べ始めたと思ったら、余震が来るとフリーズしてしまう、という状態だったそうです。
一言でレッサーパンダといってもこんなに個体差があるとは、あらためて飼育の難しい動物だと思いました。

あんな凄い地震に慣れている筈もないのに…とキーパーさんに言わしめたブナ君。頼もしく見えるぞ!
凛々しいブナ君

以下は、あんた何様?なつぶやきです。
[地震の時の様子]の続きを読む
地震の影響はありませんでしたか。

都内は帰宅困難者のために大きなホールや学校を避難所として開放したり、徒歩で帰宅する人のためにコンビニやガソリンスタンドのトイレを貸したり措置が取られています。
テレビのニュースが最も情報を効率的に得られるので、外出中の方はワンセグやインターネットのニコニコ動画やustreamで流されている各局のニュースをチェックしてみてください。(ケータイが対応していない方は済みません。)

災害用伝言ダイヤルは171、災害用ブロードバンド伝言板(web171)はこちらから。
携帯電話のメールは少しは繋がるようになりましたが、電話の方はなかなか繋がらず家族に無事を伝えようにも手段がない場合は、このようなNTTのサービスをご利用ください。

東北方面の被害状況に心が痛みます。各地の動物園の状況も気になるところです。

まだ余震が続いています。皆さま、どうぞお気をつけて。
[皆さん、大丈夫ですか?]の続きを読む
上野動物園のジャイアントパンダの名前が決まりましたね。
私も応募していましたが、今回も見事に外しました。もっとも、ひとり東園に残っているご長寿レッサーパンダのチャチャの様子を確認するためにパンダ舎に行ったついでに応募してみただけなので、名前が採用されなくても全然悔しくはないですが。

ただ何となく私がこの二頭を気にしているのは、私が4年半前、震災前の臥龍の中国大熊猫保護研究センターに行ったときに、2005年夏生まれのこの二頭はそこのパンダ幼稚園に居た筈なのです。

この中にいるかも知れないし、
パンダ幼稚園2006年

こちらにいるかも知れない。
パンダ幼稚園2006年
↑この水色は私の肩。

はたまた、ここにいるのか
パンダ幼稚園2006年

この個体だったりして。
パンダ幼稚園2006年

手触りはヌイグルミのようなフワフワじゃなかったよ。
パンダ幼稚園2006年
以上、2006年7月に臥龍のパンダ幼稚園で撮影した写真でした。

リーリーとシンシンとは私は初対面ではなくて再会になるので、ちょっとだけ感慨深いのです。
もし命名者になれたなら、マスコミがこぞって採用したくなるようなコメントも準備していたのになぁ。(ウソです)
[大熊猫的名字決定了]の続きを読む
あー、もうビックリした!
ユウユウさんがかなり恋鳴きしているんです。初めて聞いたわ、ユウユウさんのキュキュキュー。

日曜日に江戸川区自然動物園に行ったら、レッサーパンダ放飼場はシュートが閉められ、外にはユウユウさんだけが出ていました。
いつもなら昼寝している時間帯なのに、ユウユウさんはブナ君ばりに放飼場をグルグルと歩き続け、アスレチックや樹にも登ったり下りたりしながら、キュキュキュキュと何度も鳴いていました。
その鳴き声の大きさが余所で聞く恋鳴きの倍くらいの音量があって、聞きなれたはずのレッサーパンダの恋鳴きなのに、あまりに明瞭すぎて逆に「鳥の声?」と勘違いしてしまうほどだったのです。

キュルキュルユウユウ06

ユウユウさんの意志の強い顔立ちとあの強い鳴き声だと、「いつもはウザいくらいまとわりついてくるのに、ブナ君ったらどうして肝心なときに居ないのよ!」とユウユウさんが怒っているようにも聞こえたりして。
ユウユウさんがシュートの近くでキュキュキュキュと鳴いた時に、部屋の中でガターンという音がしたのは、もしかしてブナ君にも聞こえていたということかしら?
ちゃんとキーパーさん達に繁殖のタイミングが来ていることを認識してもらっているといいのだけれど…。

キュルキュルユウユウ14
この日はブナ君ばりのニンゲン観察&撮影タイムのサービスもありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。