東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2010/051234567891011121314151617181920212223242526272829302010/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブナ君「以前はちょっと近寄るだけでユウユウちゃんが反応してくれたのに、最近はすっかり空気扱いです。やっぱり時代は面長の男がモテるのでしょうか」
とは、いつにもまして真ん丸お顔のレッサーパンダ代表ブナ君。
丸顔代表ブナ君

そうだねぇ。日本代表で人気うなぎ登りの本田選手も面長のイケメンだもんね。

いやいや、各国イケメン選手の話題になると必ず名前が登場する稲本選手なんかは、どちらかと言うと丸顔系ではないかい?
⇒伝説のオモシロ寄せ集めページ「蹴球動物園」で稲本選手の写真を見てみよう!(半分よりちょっと下あたりにあるよ。二枚あるから下の写真の方を見てね)
[蹴球動物園]の続きを読む
スポンサーサイト
小雨が降る土曜日の江戸川区自然動物園。

「時代は面長の男を求めているのだろうか…」とは丸顔代表のレッサーパンダのブナ君。
アニモ君が来たぞ1

「えっ、そうなの?」とは、オオアリクイのアニモ君。
アニモ君が来たぞ2

6月20日に沖縄こどもの国からやって来たアニモ君は2008年9月25日生まれの男の子。
でも体重は50Kgぐらいあるそうです(ブナ君の10倍~)。

お引っ越し当日の様子はこちら↓。
オオアリクイがやって来た! ようこそ、アニモ!!(江戸川区ホームページ)
[アニモ君が来たぞ]の続きを読む
Googleで「ワールドカップ」と検索すると、ページ下のGoooooooooogle!の文字がGooooooooooal!になっているなど、Googleのワールドカップへの浮かれっぷりは笑わせてくれますが、また無駄に面白いツールが出来ました。

その名もブブゼラボタン。
YouTubeの動画の右下にサッカーボールが表示されていたら、それがブブゼラボタン。

ブブゼラボタン

このボタンを押すと南アフリカの楽器ブブゼラの音が鳴ります、それはもう五月蝿いほどに。
このボタンは埋め込みコードを使って自分のブログに動画を埋め込んでも表示されないし、YouTubeで見てもボタンが表示されるものされないものがあります。(私がアップした動画の中で一番人気のものは、表示されなかった。)

試してみますか?
『仰向けでジタバタするレッサーパンダ』の動画でブブゼラボタンを押して、シュウナちゃんのジタバタする様子を皆で応援してあげましょう! ⇒ ブブゼラ・ボタンを試す

シュウナ@天王寺動物園「アタシのパフォーマンスに変な音を重ねないでよ!」
シュウナちゃん

テレビでワールドカップ南アフリカ大会を観戦していると、試合中ずっと鳴り続けているブブゼラ。ブブゼラの大音量のために選手達はピッチ上で仲間の声が聞こえずプレーのタイミングを逃したりしているため、試合中のブブゼラの音を規制するようFIFAに要求を出すなどという話が聞こえてきた時もありました。

私個人的にはブブゼラが鳴り響く試合中継を見ていると、Jリーグ黎明期に日本の競技場でファン用の応援グッズとして使われていたチアホーンの悪夢を思い出します。
江戸川区自然動物園の美しきレッサーパンダ、ユウユウさんは本日で8歳になりました。
2003年6月(たぶん)に高知ののいち動物園から江戸川Zooにやってきたユウユウさんは、その時一歳になるかならないかでした。
それではユウユウさんの毎年の写真を見ていきましょう。

2003年7月、ユウユウさん一歳。
2003年7月ユウユウさん
顔つきにもまだ子供っぽさが残ります。
メイメイ様(江戸川Zoo初代雌パンダ)とは目線すら合わせようとしなかったブナ君が、ユウユウちゃんには熱心にアプローチをかけていたのが笑えました。でもブナ君は全然相手にしてもらえなかったんだよね。
[8年間を振り返る]の続きを読む
夢の話なんてしたってしょうがないですが、脱走したレッサーパンダが下の写真のように樹上にいるのを捕まえる、という夢を見ました。
ブナ君
この写真は最近のブナ君。

でもブナ君でもユウユウさんでもない、知らない顔のレッサーパンダだったのよねぇ。
しかもそのパンダは素直に抱き上げられちゃったので、夢の中なのに「レッサーパンダがこんなに大人しく捕まえられるわけがない」と私は考えていたのでした。

レッサーパンダを抱っこしたいという煩悩はとっくの昔に昇華したと思っていたのに、まだ諦めきれていないのかしらねぇ。
そしてあの見知らぬ顔のレッサーパンダは何者だったのかしら?

与太話はこれでお終いなので、後は美しいユウユウさんの写真でもご覧下さい。
ユウユウさん

竹の葉の下を通り抜けながら、顔の前にきた葉っぱはしっかりと食べるのね。
ユウユウさん
キーパーさんによる「レッサーパンダのお話し」を進行中の江戸川区自然動物園レッサーパンダ放飼場。
キーパーさんが自分達の事を紹介してくれているのもどこ吹く風で、それぞれ思い思いの行動をとっているレッサーパンダ達です。

ブナ君(右)はニンゲン観察、ユウユウさん(奥)はもちろん竹の葉を爆食中。
竹の存在感1
ブナ君は顔に余分な毛がない方がイケメンだねぇ。

そんなマイペースなレッサーパンダ達が、キーパーさんのたった一つのアクションで二頭とも視線釘付けです。

ブナ「アッ!」
竹の存在感2
[竹の存在感]の続きを読む
最近テレビCMでペンギンがNYの街角で歌っている作品をご存知でしょうか。
マネーパートナーズのCM「1ドルの重み篇」というのだそうです。
CMの詳しい解説はこちら→マネーパートナーズ・CMギャラリー

このCMにはきちんとした設定があり、地球温暖化による食料不足のため7羽のペンギンがNYに出稼ぎに来たというシチュエーションのようです。
しかし、仕事の経験のないペンギンたちを雇うところなどなく(ここら辺が世知辛い)、ペンギンたちは1ドルの重みに打ちひしがれながら、やがて歌う事で状況が好転して行くーーー、とまぁこんなストーリー。

このCMでペンギンたちが歌っているのが、ゴスペルの楽曲としてはかなり有名な「Joyful Joyful」という曲なのです。
この曲はベートーヴェンの交響曲第9番の「歓喜の歌」に英語の歌詞がつけられた賛美歌で、日本では映画「天使にラブソングを2」のバージョンが多くの人の耳に馴染んでいると思います。
最近では平原綾香さんもシングル/アルバムで歌っていますね。

では、ペンギンが歌うのだから、レッサーパンダも歌ってみよう。

<前奏>♪チャンチャンチャンチャン、チャーンチャチャーーーン
    (ドドレミ、レードドーーー)
ブナ君のウマ顔1
[Joyful Joyful]の続きを読む
緑が萌える5月。(でも今はもう6月だけれど。)
5月中旬の近畿レッサーパンダ達は皆、放飼場に生えている草のつまみ食いに余念がありません。

王子動物園のルナちゃんは、ちょっとお上品に草を吟味中。
この細長い葉っぱの草は、どこの動物園でもレッサーパンダ達のよいおやつになっていますね。
つまみ食いの季節3
[つまみ食いの季節]の続きを読む
やっちゃった。ええ、やっちゃいましたよ。
5月21日のエントリー「Kinki Pandas」で個体紹介を間違いました。
ひらかたパークのシンシン君をユウユウとして紹介してしまいました。
自分でも「この写真のユウユウは、あんまりブーブーと似てないな」と思っていたのですが、似ているわけないじゃん、赤の他人パンダだもの。しかも紹介文が「焦げていないブーブー」とか書いているけれど、シンシン君は焦げパンダだし。

がちょーん兄のブログ「レッサーパンダ三昧」のひらぱー関連のエントリーを読んでいたら、午前中室内展示だったユウユウとコウセイは13時30分のリンゴタイムを境に、ユウユウはバックヤードへ、そしてコウセイと午前中バックヤードにいたシンシンが屋外放飼場へ移動していたことが判りました。
他人様の記事を見て気付く以前に、シンシンの顔を見て気付けよ自分…。

そんなわけで、気を取り直してユウユウの写真を大放出です!
ひらぱーユウユウ1
今度こそ本当に、焦げていないブーブーことユウユウ君。
[ひらぱーユウユウ祭り]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。