東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2009/11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010/01

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつももっと紹介したいと望みつつもレッサーパンダ達の記事を優先してしまうのですが、江戸川区自然動物園ではほかの動物の展示もどんどん変化しています。
ハナジロハナグマの放飼場は改修が終わり堀が埋められて広くなったし、貴重なカンムリシロムクのつがいがオトメズグロさん達の隣に入りました。
(その近くにあった募金のペンギン像はどこに行ったのだろう?)

先週、うひょー!と思ったのはこれ↓。(画像の上にマウスポインタを置いてみてください)
落ち葉プール

ハイイロリスの展示施設の床を50%ほど、落ち葉が埋め尽くしていました。
落ち葉ゾーンと床ゾーンがきれいに区分けされ、フカフカの落ち葉がとても気持ち良さそうに見えました。
写真のようにハイイロリス達が何匹も落ち葉の中に顔を埋めて、何かやっていました。
きっとあの中にはお宝が沢山埋まっているのでしょう。

落ち葉の床はオトメズグロとカンムリシロムクの鳥舎にも設えてありました。
私が見ている時には床に下りて来てくれなかったけれど、落ち葉の上で鳥達はどんな行動をとっていたのか興味がありますね。
[12月の近況]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。