東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2009/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寒くなりました。
レッサーパンダを追いかけるようになって8年目。寒いのは好きではないものの、冬が近付くことで楽しみが増えたので、嫌ではなくなりました。

前置きはともかく、きょうの東京は涼しいを通り越して寒かった。
しかし寒くなればレッサーパンダには変化が起こる。
江戸川区自然動物園のレッサーパンダ放飼場では、ユウユウさんがこれまでの定位置からずっと高い場所で休憩していました。
暑さによる体力の消耗を避けるためこれまでは寝ていることが多かった時間帯も、起きていて熱心に毛づくろいをしていました。

冬の足音1

高い場所に移動して余裕が出たのか、今日のユウユウさんはよくニンゲン観察をしていました。
本当に優雅で美しいパンダです。
[冬の足音]の続きを読む
スポンサーサイト
ぴっぴさん(Photolog Zoo)の「心の叫び」が聴こえた気がするので、“復活のハオ”君をアップします。

入院加療中だったハオ君の展示が再開されました。

ハオだ!1

この眉間の傷跡って、なんだか犬の漫画(『銀牙』だっけ?読んでないけど)あたりに出てきそうな形&場所ですね。
傷跡といっても、見えるのは毛並が薄くなっている状態だけなのだけれど。
[我 “好”了!]の続きを読む
レッサーパンダは好奇心の強い動物だと、動物関連の書籍に書いてあります。
それが判り易いかたちで世間に出たのが、立ち上がって周囲を眺めていた千葉Zooの風太君でした。
また江戸川Zooのブナ君の人間観察も、好奇心の表れなのでしょう。

もしもレッサーパンダ用の物見台があったら、もっと好奇心を発揮してくれるでしょうか。

先日の千葉Zooで、若パンダ達が同じポーズで周囲を見ていたので、この枝の配置がレッサーパンダにとってジャストフィットするのかも?

見るパンダ2
チイタ兄ちゃんは周囲のお客さんを飛び越して、もっと遠くを眺めているようです。
[見るパンダ]の続きを読む
あらためて基本に返ってみようということで、江戸川区自然動物園のレッサーパンダ二頭の顔の違いを比較してみましょう。

レッサーパンダ放飼場の個体紹介では、「ブナ君は白っぽい顔でよく歩き回っている」「ユウユウは美人でよく枝の上で寝ている」とあります。その通りなのですが、ブナ君を単体で見てそれなりのカワイイと感じた人が、ブナ君のことをユウユウと呼んでいる事がちょくちょくあります。

一頭だけしか放飼場に出ていなくても、顔が見えれば判る違いは目の周囲の毛の色です。
ブナとユウユウの見分け方1-1

「レッサーパンダのおはなし」で飼育係さんがお話しされていたとおり、目の周囲が白い毛で縁取りされているのがユウユウさん(右)で、白い毛の縁取りがなくて目の下の焦げ茶色の毛と目が繋がって見えるのがブナ君(左)です。

ブナとユウユウの見分け方1-2

あらためて二頭の写真を並べて見比べると、鼻の上の茶色と白い毛のボーダーラインの位置が全然違うんですね。
麿眉の形も白い頬毛の形もこうして並べると違いは歴然なのですが、放飼場を歩き回っていたり顔を隠して寝ていたりすると、見慣れていないと判別できないようです。

江戸川Zooの二頭は行動の特徴も全然違うし、是非マニアじゃない人にも見分けられるようになるといいですね。
[ブナとユウユウの見分け方1]の続きを読む
江戸川区自然動物園で毎週やってくれている飼育係のおはなし、10月のレッサーパンダの回は三連休の中日に開催されました。
レッサーパンダのおはなしも、すっかり毎月のレギュラーに仲間入りしましたね。

おはなしの時刻が近づいてくると、飼育係さんが竹の葉を付けに来てくれます。

10月のおはなし1
飼育係さんが竹の葉を持ってきてくれたのを眺めていたユウユウさん。表情が若干、嬉しそう?
でも葉っぱを食べに下りては来ませんでしたが。
[10月のおはなし]の続きを読む
本日はカラリと晴れ渡り、気持ちのいい動物園日和でした。
江戸川区自然動物園のレッサーパンダ放飼場では、ユウユウさんがいつもの場所でまったりとしています。

ブナ(左)「ユウユウちゃん、起きてる?」
金木犀と美女1

とまぁ、こんな感じでブナ君は寝ているユウユウさんを何度も起こし、その度に「ガガッ」と怒られていました。
[金木犀と美女]の続きを読む
大島公園動物園のレッサーパンダ舎。
飼育係さんが扉を上げて「琥太郎ー、琥太郎ー」と呼ぶと……

琥太郎「ボクのこと、呼んだ?」
琥太郎と対面1

檻のない琥太郎とのご対面です。

ここはキャットウォークの屋外放飼場側出口。
普段は琥太郎側の扉は下ろされていて、アイリちゃんだけがキャットウォークから屋外放飼場側の施設に下りることができるようになっています。
飼育係さんの御厚意でちょっとだけ、施設の中に入って撮影させていただきました。

扉を上げて名前を呼ぶと、琥太郎が顔を出しました。
やっぱり琥太郎は優しい顔立ちですね。
[琥太郎と対面]の続きを読む
昨日に引き続き、伊豆大島・大島公園動物園および海のふるさと村の施設のご紹介です。

サル島
大島公園動物園と言ったら、まずはこれでしょう!
動物園の入り口を入ったら、眼前はワオキツネザルとバーバリーシープの山です。広い!火山岩がワイルド!ワオさん達が何頭いるのか数えきれん!
いやもう、これは凄く面白いです。動物園好きなら、一度は見に来るべし。
[大島公園動物園のご紹介2]の続きを読む
本日から二回に分けて、大島公園動物園をご紹介します。
って、本来なら先にやれよって?
今日と明日はレッサーパンダはシッポの先っちょも登場しませんよ。

「琥太郎ー!元気だったかー」と叫びたくなる、伊豆大島。
伊豆大島を海から

動物園は写真の島の左端あたりにあります。
船が着く元町港は島の右側を回り込んで、動物園とは反対側にあります。
[大島公園動物園のご紹介1]の続きを読む
伊豆大島・大島公園動物園の若いレッサーパンダのペア、琥太郎くんとアイリちゃん。

アイリ「……」
気になる同士1
[気になる同士]の続きを読む
伊豆大島・大島公園動物園のレッサーパンダ、琥太郎の待ちに待った晩ゴハンの時間がやって来ました。

夕方4時ちょっと前、飼育係さんがゴハンの入ったボウルと新鮮な竹の葉をつけてくれました。
もちろん最初に食べるのはボウルに入った、リンゴ、蒸かしたサツマイモ、大きなブドウ、ニンジンです。
琥太郎のゴハン2

好き嫌いがあまりないという琥太郎は、ボウルに鼻先を突っ込んで手当り次第にモリモリと食べて行きます。美味しい物を先に食べようという考えはない、というか全部美味しいのかな?
細長く切られたリンゴを食べる時は左手を添えて、ブドウを食べる時は上を向いて美味しそうに食べていました。上を向いて噛む仕草が父親のブナ君にソックリです。

ボウルの中身を完食したら、お次は竹の葉。
琥太郎のゴハン1

大島Zooの竹は多摩動物公園と一緒に仕入れているそうです。
ちょうど大島取材の二日前に多摩Zooに行っていた私、今の季節は竹の葉はあまり美味しくないらしく食いが良くない、という話を聴いたばかりでした。
で瑞々しい葉っぱをパクつく琥太郎を見ていると、それほど美味しくないわけではなさそう。シャクシャクと音を立てながら竹の葉を食べていました。
[琥太郎のゴハン]の続きを読む
伊豆大島・大島公園動物園のレッサーパンダ、琥太郎。本日は動画からどうぞ。



最初に琥太郎がキャットウォークに上がって、入り口に両前足をかけて下を覗き込んでいました。これは飼育係さんが竹の葉を取り替えにやって来た気配を察知して、スタンバイする琥太郎の基本ポーズです。
その後は逸る気持ちを抑えきれずキャットウォークを行ったり来たりして、飼育係さんが古い竹を回収した後は、飼育係さん の後を追って奥の部屋へ行ってしまいました。

これは、檻を下りる前足のアップ。
いろいろ琥太郎1

よく見ると、両前足の小指の爪だけが檻の水平の部分にひっかけられています。
檻に前足をかけて滑り下りては水平の部分に爪をかけ、というのを繰り返しながら下りて行くのですね。
[いろいろ琥太郎]の続きを読む
伊豆大島・大島公園動物園のレッサーパンダ、琥太郎。
琥太郎を追いかけて1

琥太郎を追いかけて、やっと来ることができたよ、伊豆大島。

二年前のある日、前触れもなく私達の前から姿を消した琥太郎。
生まれ故郷の江戸川区自然動物園から、ここ大島公園動物園に移動になっていました。
本当はもっと早くに会いに来るつもりだったけれど、お嫁さんと一緒の姿を見たいと思って先延ばしにしていたら、二年四ヶ月も経ってしまいました。

正午ちょうどに大島公園のレッサーパンダ舎前に到着すると、琥太郎が屋内展示場で出迎えてくれました。
上の写真は、伊豆大島での琥太郎のファーストショット。
昔の面影は大いに残っているけれど、以前より顔つきがシッカリしています。

琥太郎を追いかけて0
誕生日を迎えて、2005年7月生まれの琥太郎は今は4歳になっています。

琥太郎は2歳になるちょっと前に伊豆大島に引っ越したのですね。
江戸川Zooにいた頃は名前が無く、勝手に次男坊君と呼んでいたものです。
琥太郎という素敵な名前を貰ったと聞いた時には、心底私も嬉しかったです。
[琥太郎を追いかけて]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。