東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動物からは我々の姿はどのように見え、どの色は認識できず、人間には見えないどんなものが見えているのか。

例えば、犬の色覚は霊長類ほど発達していないため赤は認識できないとか、牛は色盲なので白と黒と灰色しか区別できないとか、そんな研究結果が明らかになるたびに驚かされます。
ただしそのような研究が進んでいる動物はペットや家畜だったり、一部のメジャーな野生動物のみで、レッサーパンダが何色を認識できないかなんて研究はまだ発表されていないと思います。

ちなみに江戸川Zooのスタッフジャンパーの紫色は、ブナ君もユウユウさんもハッキリクッキリと見えていると私が断言しちゃいますよ。
他の動物園のスタッフジャンパーでレッサーパンダが反応するのは、どんな色があるのでしょう。

前置きが長くなりましたが、今回の記事はレッサーパンダの味覚について、一つの実験結果が明らかになったというものです。

WIRED VISIONのサイエンス&テクノロジーのカテゴリー、4月16日の記事から。
甘みがわかる動物、わからない動物:Firefox(レッサーパンダ)は?
(↑クリックで新しいウィンドウが開きます。記事内に掲載されている写真がやたらめったら可愛いです。)

[甘みがわかるレッサーパンダ]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。