東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前ご紹介した中国・福州パンダ研究センター(福州大熊猫研究中心)の三つ子の一頭が、このたび三つ子を産んだことがニュースになっています。

(リンク先は中国語のサイトです)
母子二代で三つ子出産、しかも三世代同居(写真あり)
(東南快報2007年8月28日)

今回母親になった思思(スースー)は、2004年に山妹(シャンメイ)から産まれた三つ子のうちの一頭です。
山妹は2001年8月30日生まれで同センターのレッサーパンダの中で最も誕生日が遅いという記録を持っています。
思思は2004年8月12日生まれ。
そして思思の三つ子は7月25日生まれ。
(yo-co注:文中にレッサーパンダの出産時期は一般的に7月中旬~8月上旬であると書いてあるので、中国のレッサーパンダ達は日本より一ヶ月ぐらい遅く出産するのでしょうか。)

この度の出産で福州パンダ研究センターのレッサーパンダは25頭になり、同センター最多記録となった上、母子ともに三つ子を産んだことがあり母子ともに健在で三世代同居という世界記録のオマケもつきました。

同センター主任研究員が苦労話を語っています。
「まず知っておいていただきたいのは、レッサーパンダを飼育する難しさはジャイアントパンダより更に大きいということです。この7年間、研究員達は多くの苦労を重ねてきました。(山妹の波乱の半生については省略) 思思たちがちょうど二ヶ月を迎える頃、数十頭の成年レッサーパンダが急性の下痢になり、赤ちゃん達に感染させないために飼育員は赤ちゃん達を別の場所へ移動させました。」

思思が産んだ三つ子のうち、歓歓(ホワンホワン)と楽楽(ルールー)は福建農林大学動科院の学生達によって飼育され、麗麗(リーリー)はまた別の形で飼育されます。
満一ヶ月のお祝いのあと、遂に山妹の孫たちがお披露目されましたが、身長は20、30センチメートルを超えず毛色は灰色がかっており、成年レッサーパンダのあの光沢はありません。

(リンク先の写真について)
三つ子のうち最も小さな個体が最も落ち着きがなく「ウーウー」と鳴き続け、最も大きな個体は多くの取材のフラッシュを見て飼育員の肘の内側に顔を潜らせていたそうです。写真左のファイティングポーズの赤ちゃんパンダがチビちゃんなのかな?

[三つ子の、そのまた三つ子]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。