東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2007/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
千葉動物公園にお目見えしたという身長約160センチメートルの着ぐるみレッサーパンダ。
分厚い毛皮に覆われたレッサーパンダ達の体感温度を、着ぐるみを纏ってニンゲン自ら体験しようという企画……なわけはなく、ようは顧客サービスなのですね。
身長160センチ着ぐるみレッサーパンダと並んで記念撮影とかするんでしょうか。

その着ぐるみ君の写真を見ていて思ったのが、「やっぱりレッサーパンダは立ち上がると地味だわ」。
立ち姿は顔だけポコッと鮮やかな赤茶色と真っ白、そして首から下は真っ黒ではないですか。
何と言うか画面が寂しい、そんな感じ。

ではレッサーパンダの姿の良さを最も表現できるのはどんなポーズよ?と考えてみました。
顔はこちらを向いていて、なおかつ背中の美しい赤茶色が見えて、トドメに尻尾の縞々がザバーッと見えるポーズ。

例えばこんなの↓。
美しく見える角度

うーん、ちょっと尻尾が惜しかったかな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。