東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2007/031234567891011121314151617181920212223242526272829302007/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月下旬の多摩動物公園レッサーパンダ大放飼場。

仲良しのおじちゃんとお嬢ちゃん
前を歩くブーブーおじちゃん(1997年生まれ)と、その後ろを追いかけるアジサイちゃん(2006年生まれ)。
ブーブーおじちゃんの暮らす大放飼場では、成長した子パンダがそれまで過ごしていた狭い展示場から移され、思う存分運動をできるようになっています。
そしてブーブーおじちゃんは毎年のように新しい子パンダを大放飼場で迎えているのです。

微妙に見えづらい場所でレスリング
放飼場と来園者を隔てるモートへ降りて、レスリングを楽しむブーブーとアジサイちゃん。(顔が見えているのがブーブー)

毎年やって来る子パンダ達を苛めたりせず伸び伸びと過ごさせ、自らもマイペースで暮らすブーブーでしたが、今年はちょっと違いました。
同じ多摩動物園のファンファン&緑太郎(リュウタロウ)というカップルの間に昨年生まれたアジサイちゃんは、とりわけブーブーと相性が合うようです。

二頭で放飼場でじゃれ合うこともあれば、写真のようにモートへ下りてカサカサと鳴る枯葉の上でレスリングに興じる姿も、日に何度も見ることができます。
でもモートへ下りてしまうと、来園者からは殆ど見えなくなっちゃうのが難点。
カサカサという枯葉の音が移動するのでモートをあちこちと走り回っているのは分かるけれど、肝心の姿が見えないのです。

枯葉まみれのアジサイちゃん
体中に枯葉をくっつけてモートから上がって来るアジサイちゃん。
まだ子供特有の毛足の長いボワンとした毛並みのアジサイちゃんは、艶のある毛並みのブーブーおじちゃんより枯葉が沢山くっ付いてしまいます。

昨年まではなかった、モートへ下りることのできる梯子。
ブーブーやアジサイはもちろん、コタロウやヒマワリお姉ちゃんも皆で梯子を使って放飼場とモートを上り下りしていました。
このほぼ垂直の岩場を自力で上る事ができるのは、やっぱりヒマワリお姉ちゃんだけなのだろうか。

アジサイちゃんを待つブーブー
ブーブー「アジサイは来んのかのう」

ブーブーはモートに下りて遊びたいらしいのです。
モートへ下りる梯子の横に来て、アジサイちゃんが自分の後を付いて来ていないか振り返って探したり、じっと立ち止まってアジサイちゃんが追いかけて来るのを待っていました。
でもその時、アジサイちゃんは遥か遠くで双子のコタロウくんとレスリングしていたのでした。

アジサイちゃんが来る気配がないことがわかって、ブーブーもモートに下りるのを諦め、放飼場の方へ戻っていきました。

ブーブーには成長して多摩から巣立って行った子供が沢山いるけれど、まだまだ本人(本パンダ)も若いんです。
でも、アジサイちゃんと楽しそうにレスリングしている姿を見ていると、どうしてもどうしても「老いらくの恋」という言葉が頭に浮かんでしまうのでした。
違う、違うんだ!
ブーブーは決してお爺ちゃんなんかじゃないの~。

[老いらくの……]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。