東京都江戸川区西葛西の行船公園内にある江戸川区自然動物園のレッサーパンダを紹介しています。

2007/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312007/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江戸川区自然動物園のレッサーパンダ夫婦は一年のうち360日ぐらいはラブラブではありません、たぶん。
それでも一年のうち今の季節だけは、二頭の距離が少し縮まります。

ストーキングぶな
ユウユウさん(手前)の歩いた後を一定の距離をおいてゆっくりと追いかけるブナ君。
埼玉こども動物自然公園のマグロ&ポリンほどではないものの、二頭の距離は1~2メートルほど。
他の季節は、ブナ君がここまで近寄ろうとするとユウユウさんは怒るか逃げる。
でも昨日のユウユウさんは走り出したりせずに、ブナ君に後をつけさせるままにしていました。

一見可愛いけどストーカー
ユウユウさんを見つめるブナ君。表情が輝いて見えます。
でもストーカー。

ユウユウちゃーん
ユウユウさんが樹上で休んでいる時は、ブナ君は数分に一度木を上ってユウユウさんの顔を覗き込んでは、それで気が済むのか何もせずに木を下りて行きます。
この写真のように自分の顔を覗き込むブナ君を見つめ返すユウユウさんが見られるのは、大変珍しいことです。
このブナ君の姿勢と表情を見ると、本当にユウユウさんのことが好きなのねぇと思ってしまいます。

昨日は動物園でカメラを構えているとどこからか花の香りが漂って来て、アロマテラピー気分も味わえました。
季節はもう春なのでしょうか。
しかし今日の天気ような春の嵐のせいで、ブナとユウユウが一緒にいられないまま貴重なタイミングを逃さないようにと願っています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。